iconicon

たびらく デニム調レザー5E軽量シューズicon

(2018年8月現在 QVC公式サイトで取り扱いあります)

ここから記事本文

8月8日はイベント「お得だらけのウインター アイテムセール」の日。シーズンオフならではの特別価格でウインターアイテムが登場する一日です。

この日のTSVは、初TSVとなる「たびらく」から、デニム調レザーの軽量シューズが登場。ワイズはかなり大きくて5E。甲高に仕上げられているようです。

たびらくのデビューは昨年10月。幅広・甲高設計でゆったりしたは着心地で、外反母趾気味の方でも疲れにくい靴が設計コンセプト。旅をもっと楽ちんに、旅をもっと楽しく、という思いが込められたブランドです。

革は東京で仕上げ、靴の街神戸で、革の裁断、縫製、底付けなど全行程を神戸の職人さんが手作業で仕上げたシューズです。

たびらく デニム調レザー 5E軽量シューズ 特徴

たびらくシリーズの中でも人気のデザイン、カーキは新色でQVC先行販売です。

幅広、甲高、外反母趾で悩んでいる人にも指先の圧迫感が少なく楽に履けるよう、靴職人の高井龍二さんによって特別に作られた外反母趾に対応した木型を使用。

アッパーはデニム調のプリントで仕上げた豚皮で、足の甲部分は豚皮とゴムで市松状に仕上げられています。

靴底には2mmの厚さがあるクッション素材が使われていて、かかと部分には衝撃吸収材を配置。土踏まずには縦アーチを支えるアーチクッション、さらに横アーチを支える中足骨パッドが設けられています。

そして、靴底は靴底専門メーカー「ヒカリ技研工業」が靴底を作成していて、屈曲性に優れた超軽量素材「エバロンソール」が使われているところも注目ポイント。

耐摩耗性・耐薬品性にも優れている素材で、時間を経過してもウレタンソールのように加水分解でボロボロになったりしにくく、屈折実験でも10万回をクリア。長く愛用したい人にっぴったりのシューズといえそうです。

幅広、甲高の5E(足囲)と、かなり大きなつくりのシューズのはずですがボッテリした感じがなく、5Eには見えないデザイン性が魅力となっています。

サイズ選びは少し難しいかも

商品アドバイザーの明山さんにとると、サイズに迷ったら一つ下を選ぶよう説明されていたのですが、でもドルチェなど3Eワイズのシューズでも「サイズに迷ったら一つ下」と案内されているわけで、もっと大きな5Eサイズなのに一つ下でいいのかな?というところは気になるところ。

ちなみに、日本人の一般的なワイズは2Eです。

維野又ナビは外反母趾で甲高、幅広の足なのだそうで、普段はハイヒールで24.0~25.0cmを履いているそうですが、今回の「たびらく」シューズは23.0を履いているということです。QVCは返品できますが送料がかかるので、やはりサイズ選びは少し難しそうですね。

0時台の動き

ブラックは一番人気。続いて人気なのがカーキみたいですが、用意数が少ないそうなので、カーキが気になっている人は早めの検討がおすすめです。

■内容
たびらく デニム腸レザー SE軽量シューズ
QVC価格 12,744円(税込)→ 2018年8月8日限りのTSV価格 9,998円(税込)

■カラー
ブラック、ブルー、カーキ(新色、先行販売)

■サイズ
22.5、23.0、23.5、24.0、24.5

重量:約160g(23cm片方)
ソール厚さ:約0.5cm
ヒール高さ:約3.5cm
ワイズ:5E

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます