QVCジャパン

PT Dカラーダイヤモンド ペンダント 0.7ctUP [プリンセス]

PT900 Dカラーダイヤモンド リング 0.7ctUP [プリンセス]

【その他】

【完売】PT Dカラーダイヤモンド ペンダント 1.0ctUP 【プリンセス】
【完売】PT900 Dカラーダイヤモンド リング 1.0ctUP 【プリンセス】
PT Dカラーダイヤモンド ペンダント 0.3ctUP [プリンセス]
PT900 Dカラーダイヤモンド リング 0.3ctUP [プリンセス]

11月7日は「ジュエリーデイ プレミアム」。希少性の高い宝石や魅力的なハイジュエリーなど、プレミアムな逸品ばかりが用意された一日です。

この日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、Dカラーダイヤモンド。

湯浅ナビによると、Dカラーダイヤモンドは10年前にジュエリープロデューサーの滝野さんがQVCに初めて紹介したということで、今回はその10周年を記念する特別企画になるみたいですよ。ネットでは11月4日から先行販売されていました。

ダイヤモンドの中でも希少性の高い、Dカラーの1.0ctUPをセンターにあしらったペンダントとリングで、凛とした輝きが魅力のプリンセスカット(スクエア モディファイト ブリリアントカット)で仕立てられています。

このクラスの1.0ctUPのダイヤがTSVになるのは、QVCの18年の歴史の中でもはじめての試みになるのだとか。

ゲストの滝野さんによると、「ジュエリーデイ プレミアムだし、滝野さんの10周年だし、やったことのないことをやろうよ。ちょっとでもいいから。」というQVCのバイヤーさんの言葉から始まった企画だそうです(笑)

この他、0.7ctUPのペンダントとリング、0.3ctUPのペンダントとリングもTSVで登場して、セクスタブルのTSVという、なんだかすごいことになっています。

お届けは6週間後。その際は、3年の保証期間&クリーニングなどの無償対象サービスがついた修理保証カードがついて届けてもらえます。

ダイヤモンドはモースコード10という世界でいちばん硬いジュエリーですが、プリンセスカットは衝撃などで欠けやすいカッティングでもあるので、爪などが折れたり曲がったりして緩んだまま使うのは禁物。メンテナンスや修理保証がついているところは安心ですよね。

2018年ダイヤモンド事情

1940年台に、GIAが作ったダイヤモンドの品質基準は「4つのC」として有名です。

・キャラット=重量(Carat)
・カット=プロポーション+仕上げ(Cut) ※ラウンド ブリリアントのみ
・クラリティー=透明度(Clarity)
・カラー=色(Color) 23段階もの評価基準がある中、コレクションカラーと呼ばれるのはD、E、F

Dカラーは23段階に分けられるダイヤのカラーの中でも最高品質。その色は、「不純物の入っていない真水の色」と表現されるのだそう。

1.0ctUPのDカラーダイヤモンドがTSVになるのは、QVCでも初めてのことになるそうです。

レギュラーショーで、たまにDカラーで1.0ctUPのダイヤを紹介される際も、250万~300万ぐらいのお値段になるので、今回のTSVはかなり魅力的ですよね。

でも、店頭で1ctUPのダイヤモンドを探しても、ルースでもTSV以上の価格だったり、「手に入ったらご連絡します」と連絡先だけ聞かれて終わってしまうことが多いそうで、通常のマーケットではあまり取り扱われることがないのだとか。

これほど希少なダイヤなので、TSVクラスの価格と数をそろえるにはマーケット以外のルートから手に入れなくてはいけないわけですが、そんなルートを持っている滝野さんでも、今年は状況があまりよくないみたいです。

イスラエルやアントワープの取扱業者からは、「プリンセスカットできるほどの原石は少ないから、供給することは無理だ」と言われてしまったのだとか。

これは、2014年にデビアス社のアナウンスにあったように、ダイヤモンドの供給が需要を満たしていないことにあります。

デビアス社によると、「新しいダイヤモンドの鉱脈が見つからない限り、2020年には産出量が下降線をたどり、ダイヤモンドの小売価格は上昇するだろう」とのこと。

2020年までには、あともう少しありますが、すでにダイヤモンドの価格は値上がりを始めているそうです。

そんな厳しい状況の中、今回のTSVは、当初の予定の10倍の数が用意されたそうですよ。1.0ctUPは0時台で完売してしまいましたけど。皆さん、よくご存じです。

それでもQVCのバイヤーさんは、3週間前から「増やせませんか?」と言い続けていたそうです。最初は「ちょっとでもいいから」と言ってたはずなのに(笑)

PT Dカラーダイヤモンド 1.0ctUP 【プリンセス】 特徴

今回のTSVには、カラーだけでなく、クラリティも、V S UPのトップクオリティのものが使われています。

GIA(米国宝石学会)の鑑定書がついているのですが、TSVで取り扱っているものは、さらに滝野さんチェックが入るので、さらに厳選したダイヤモンドが使われています。

プリンセスカットは、ラウンド ブリリアントカットと違い、場面が大きいためボリューム感があり、シンチレーション(きらめき)やディスパージョン(ファイア)もしっかり感じることができるところが魅力。

特にDカラーほど美しい「白」を持つジュエリーはないそうで、滝野さんによると、「美しさにうそがない」のが最高ランクのDカラーダイヤモンドになるのだとか。

とはいえ、1.0ctUPにもなるとセレブリティも欲しがる大きさなので、そうした客層を持つハイブランドと競争しなければならず、なかなか手に入らないダイヤモンドになるようです。

QVCでもTSVで取り扱うのは今回が初になります。

PT Dカラーダイヤモンド 0.7ctUP 【プリンセス】 特徴

こちらも、カラーだけでなく、クラリティも V S UPのトップクオリティのものが使われています。

GIA(米国宝石学会)の鑑定書がついているのですが、TSVで取り扱っているものは滝野さんチェックが入るので、さらに厳選したダイヤモンドになっていますよ。

0.7ctUPもやはりセレブリティが欲しがるクラスの石なので、こちらもなかなか手に入らないダイヤモンドになるようです。

それから、ダイヤモンドの価格も上昇する中、0.7ctUPは昨年のラウンド ブリリアントカットと同じ価格を死守しているところも要注目です。

QVCでもTSVで取り扱うのは今回が初になります。

PT Dカラーダイヤモンド 0.3ctUP 【プリンセス】 特徴

今回のTSVではいちばん小さなダイヤモンドですが、婚約指輪にセッティングされるダイヤモンドのことを考えると、「BRILLIANCE+」によると0.2~0.3ct未満が全体の31.9%ということなので、他のTSVに比べなければ堂々としたダイヤモンドです。

こちらもカラーだけでなく、クラリティも V S UPのトップクオリティのものが使われています。

もちろん、こちらにもGIA(米国宝石学会)の鑑定書がついていて、滝野さんチェックでさらに厳選したダイヤモンドが使われています。

今回は、ネックレス、リングがそれぞれ1.0ctUP、0.7ctUP、0.3cUPとTSVだけでもかなり選択肢があるのですが、滝野さんのおすすめはリングになるみたいですよ。

ペンダントは自分でつけているところは鏡でしか見ることができなくて、基本的に人に見せるジュエリーですが、リングは人にも見せつつ、自分でも見て楽しむことができるジュエリーだからなのだとか。

今回、石座のサイドにも脇石が入っているので、側面から見てもきらめきを楽しむことができます(リングだけでなくペンダントのサイドにも脇石が入ってますよ)

ちなみに、TSVはペンダントとリングの取り扱いですが、セットアップで買うなら、リング0.7ctUPと本日価格で取り扱いのあるイヤリングとの組み合わせもおすすめなのだとか。

顔にいちばん近いところに、ボリューム感のある石やプリンセスカットで美しい輝きを持つ石を置き、それに合わせてペンダントかリングを合わせると、パーフェクトに近いコーディネートにすることができるそうです。

イヤリングに関する情報は、Dカラーダイヤモンドに関する最新情報のリンクからチェックしてみてくださいね。

0時台の動き

湯浅ナビによると、今回のTSVはネット先行で販売されていたのですが、この時から0.7ctUPが大人気だったそうです。

ただ、1.0ctUPも番組スタート24分を過ぎるころには半数以下になり、40分には完売してしまいました。テレビを見ている人は大きいダイヤが好きな人が多いのかな。

0時台は0.7ctUP、0.3ctUPともまだ在庫があるみたいでしたが、ルースは共通になっているので、リング、ネックレスのどちらかが完売になってしまうと両方完売となってしまいます。

確実に手に入れたいアイテムがある人は、動きが早くなる「残りわずか」が出る前に検討するのがおすすめですよ。

■内容
PT Dカラーダイヤモンドペンダント 1.0ctUP 【プリンセス】
QVC価格 1,999,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 1,059,999円(税込)

※送料無料

ダイヤモンド
中石
キャラット:1.00ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP

脇石
キャラット:合計0.09ctUP

ヘッドの縦×横 約9.0×6.5mm
長さ 約45cm(スライド式アジャスタースルーピン付)
総重量 約3.2g

地金 プラチナ900(本体)、プラチナ850(チェーン)
付属品 鑑定書

PT900 Dカラーダイヤモンドリング 1.0ctUP 【プリンセス】
QVC価格 2,399,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 1,259,999円(税込)

※送料無料

■サイズ 8~22号 0.5号刻みでオーダー
※サイズ直し対象外

最大幅 約4.5mm
最小幅 約1.7mm

総重量 約2.5g

地金 プラチナ900
付属品 鑑定書

ダイヤモンド
中石
キャラット:1.00ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP
脇石
キャラット:合計0.14ctUP

PT Dカラーダイヤモンドペンダント 0.7ctUP 【プリンセス】
QVC価格 1,199,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 599,999円(税込)

ダイヤモンド
中石
キャラット:0.70ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP

脇石
キャラット:合計0.06ctUP

ヘッドの縦×横 約8.5×5.5mm
長さ 約45cm(スライド式アジャスタースルーピン付)
総重量 約2.7g

地金 プラチナ900(本体)、プラチナ850(チェーン)
付属品 鑑定書

PT900 Dカラーダイヤモンドリング 0.7ctUP 【プリンセス】
QVC価格 1,299,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 649,999円(税込)

■サイズ 8~22号 0.5号刻みでオーダー
※サイズ直し対象外

最大幅 約5.7mm
最小幅 約1.8mm

総重量 約2.9g

地金 プラチナ900
付属品 鑑定書

ダイヤモンド
中石
キャラット:0.7ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP
脇石
キャラット:合計0.11ctUP

PT Dカラーダイヤモンドペンダント 0.3ctUP 【プリンセス】
QVC価格 273,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 163,999円(税込)

ダイヤモンド
中石
キャラット:0.30ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP

脇石
キャラット:合計0.03ctUP

ヘッドの縦×横 約6.5×4.5mm
長さ 約45cm(スライド式アジャスタースルーピン付)
総重量 約1.8g

地金 プラチナ900(本体)、プラチナ850(チェーン)
付属品 鑑定書

PT900 Dカラーダイヤモンドリング 0.3ctUP 【プリンセス】
QVC価格 333,999円(税込)→ 2018年11月7日限りのTSV価格 199,999円(税込)

■サイズ 8~22号 0.5号刻みでオーダー
※サイズ直し対象外

地金 プラチナ900
付属品 鑑定書

ダイヤモンド
中石
キャラット:0.30ctUP
カラー:D
クラリティ:V S UP
脇石
キャラット:合計0.07ctUP

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます