11月29日にはまだ予定されていたLUMIDAの放送、変更になってしまいましたね。いま12月1日現在商品ページを覗いてみると、補充されていた「グリッター ウォーター」シリーズやウッドデコレーションの一部が完売してしまっています。これは在庫が確保できなくて変更になっちゃったのかな、という感じですね(汗)

残念ですが、先日TSVになっていたウッドデコレーションはまだ在庫があるようなので、気になっている人は早めに確認するのがおすすめです。文中の最新情報のリンクからチェックしてみてくださいね。

ここから記事本文

QVCジャパン

LUMIDA LEDウッドデコレーション

11月28日は、イベント「クリスマスまで待てない!」と題して、幅広いジャンルからクリスマスを楽しむためのアイテムが紹介される一日です。

この日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、ドイツ生まれのブランド「LUMIDA」(ルミダ)のウッドデコレーションが登場。LEDライトを内蔵した木製のクリスマス向けデコレーションです。

テーブルの上に置いたり、壁にかけたり、ちょっとした場所に飾ることができるので、「クリスマスツリーを置く場所はちょっと確保できない」という人も手軽にクリスマス気分を味わうことができますよ。

QVC初登場にして初のTSV、QVC独占販売なので、よそでは手に入らない商品です。

LUMIDA LEDウッドデコレーション 特徴

玄関やリビング、窓辺など、クリスマスシーズンのインテリアとしておすすめのLEDウッドデコレーションです。

付属品には、フック付きの吸盤や、紐などがついているので、壁にかけたり吊るしたりすることができます。

裏面も彩色、デザインがあるので、ひっくり返ってもOK。裏面は冬の景色がメインになるので、クリスマスシーズンが終わったからと慌てて仕舞わなくても、くるりとひっくり返しておけば、すぐに片付けなくてもよさそうですよ(笑)

木製の板を3枚使い、間隔を置いて組まれているので、空気感や立体感を感じることができますよ。LEDの光と相まって雰囲気があります。

結構ガッシリとしたつくりに見えますが、重量は約430gと軽いところも魅力です。

2種類の光り方を選ぶことができます。スイッチをOFFにすると、LEDを消灯することができます。

・ウォームライト 単色で点灯(ON II)
・赤・青・緑の3色が色を変えながら点灯(ON I)

タイマー機能もあるので、設置してそのままほったらかしでもOKです。(スイッチを入れて6時間後に自動消灯、消灯後、18時間後に再び点灯)

乾電池が3本付属しているので、届いてすぐにデコレーションを楽しむことができます。

★クリスマスマーケット
クリスマスシーズンになると、広場で開催されるマーケットがモチーフになっています。

ドイツの町並みを背景に、ヒュッテと呼ばれる小屋が並ぶ風景で、ヒュッテの中にはちゃんと店員さんもデザインされています。

★チャーチ
星空の下に佇む教会をデザインしたウッドデコレーションです。モデルになっているのは、ミュンヘン市にある玉ねぎ型のドームで有名なフラウエン教会です。

教会の前には聖歌隊が歌を歌っていますよ。

★ウィンタービレッジ
雪をかぶった木々を背景に、伝統的な木組み建築風の建物がデザインされた雰囲気のあるウッドデコレーションです。

建物の前には、トナカイやリスといった動物もデザインされてますよ。

0時台の動き

本日価格で紹介されていた他アイテムはあっという間に完売してしまっていました。

インドメーションでもウィンタービレッジなどは「数情報にご注意ください」という案内がありました。この他のTSVも早めの検討がおすすめになるようです。

■内容
LUMIDA LEDウッドデコレーション
QVC価格 3,998円(税込)→ 2018年11月28日限りのTSV価格 3,333円(税込)

■カラー
クリスマスマーケット、チャーチ、ウインタービレッジ

■サイズ
35.0× 5.5×35.0cm

重量 約430g

使用電池 単三乾電池×3

商品内容
・本体
・ 単3電池×3
・吊り下げ用フック(吸盤)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます