パワーヒート ラージ

2018年秋冬のパワーヒートに、新作3タイプが登場

QVCで独占販売をしているパワーヒートは、QVC U.S.では100万台を突破している人気商品。LEDテクノロジーで、本物と見間違えそうな炎の動きを楽しむことができる暖炉型ファンヒーターです。薪の部分もハンドペイントで仕上げられているので雰囲気ありますよ。

コンセントを入れるだけで手軽に暖炉の雰囲気が楽しめるところが魅力ですが、昨年までデザインは1種類だけでした。今回は「ラージ」をはじめ、「ミディアム」、「ガラスタイプ」が登場して、デザインを選ぶ楽しさがありますよ。

期間限定特別価格で紹介される「ビッグ・ディスカバリー」(Big Discovery)になっているので、狙っていた人は要注目です。

適用期間は、2018年10月31日~2019年2月11日です。

このページでは、新作「ラージ」「ミディアム」「ガラスタイプ」のパワーヒートについて、それぞれどんな感じの商品なのか簡単にまとめてみました。

まずは昨年モデルの基本的なスペックをチェック

・炎は5つの明るさレベルとオフモードから選択が可能
・温度設定は17℃~27℃
・オフタイマー:30分~9時間とオフモードから選択が可能

今回のビッグ・ディスカバリーに登場した新作3商品は、性能的には昨年の旧タイプとほぼ同じになるみたいです。

温度設定が17℃~27℃で1℃ずつ設定できて、サーモスタットがついているので、設定温度になれば停止し、室温が下がってくると再稼働して一定温度に調節してくれます。

ただ、ファンヒーターの消費電力は1000Wなので、フル稼働時のエアコンくらいの電力を消費してしまいます。単純計算で1時間の使用で約27円ほどかかるわけですね。

(平成26年4月公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価 27円/kWhで計算)

今回のビッグ・ディスカバリーで紹介されていた番組では、説明に「速暖」といった言葉も使われていましたが、電気のファンヒーターなので(汗)言葉からイメージするような暖かさではないと思います。

もともと電気ファンヒーターは狭い部屋に向いた暖房器具なので、リビングのような広いお部屋で使う場合や、寒さの厳しい地域では、サブの暖房機として使うのがよさそう。ただ、新作の中にはヒーターの明るさをセーブする「ナイトモード」という機能がついているモデルもあるので、できるだけ消費電力を抑えたい人はそちらを検討するのもいいかもしれません。

(※ファンヒーターを使わずにインテリアとして3Dの炎だけ使う場合、1時間あたり0.15円程度で済むようです)

そして、昨年のモデルから大きく変わったのは、上についていたファンヒーターの位置が下になったところ。新作3タイプともファンヒーターが下についているので、足元からあたためることができますよ。

この点でいうと、昨年のモデルに比べるとあたたかさを感じるのは早いのかもしれませんね。

ファンヒーターが上についていると、3Dの炎と相まって実際に暖炉を体験しているような感覚があるようなので、暖炉の感覚を重視するならファンヒーターが上についている昨年モデル、機能的に足元からあたためたい人は新モデルの3種類から選ぶのがいいみたいです。

癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ラージ 特徴

癒される炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ラージ

ナイトモードで、3Dの炎を雰囲気たっぷりに楽しみたい人におすすめ

まるで本物の暖炉の炎のような3D演出が楽しめる、暖炉型のファンヒーターです。

昨年のタイプは約 幅61×奥行31×高さ59cmだったのに比べ、今回新作の「ラージ」は約 幅61 x 奥行33.2 x 高59.5cmなので、奥行きと高さが少し大きめになっているみたいですね。

暖炉の窓を開けると、電源や光量の調節ができる操作パネルがあります。もちろん、ここをいちいち開けなくても、リモコンですべて操作することができますよ。

(窓を締めると、表示される数字が見えないのは昨年モデルと同じみたいですが)

炎の背面はレンガ模様のデザイン。側面にはメッシュの入った窓があるので、横からもゆらめく光が漏れ出てくるので雰囲気が楽しめそうです。

・炎は5つの明るさレベルとオフモードから選択が可能
・温度設定は17℃~27℃
・オフタイマー:30分~9時間とオフモードから選択が可能

基本的な機能は昨年と同じみたいですが、大きく違うのは「ナイトモード」がついているところ。

ファンヒーターの光量を減らして明るさを抑える機能なので、寝るときなど薄暗い状態で薪の炎の臨場感をたっぷり楽しむことができます。

ナイトモードにすると、消費電力をセーブして使うこともできるみたいですよ。

もちろん、ヒーターを消して炎のみ楽しむこともできるし、炎を消してヒーターのみ利用することもできます。

癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ミディアム 特徴

癒される炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ミディアム

曲線の多いデザインで、薪ストーブ風の雰囲気を楽しみたい人におすすめ

「ラージ」タイプ(約 幅61 x 奥行33.2 x 高59.5cm)より一回り小さなサイズで、約 幅53.4×奥行27.3×高58.4cmです。

本体も窓のデザインも曲線を強調したデザインが特徴になります。

暖炉の窓を開けると、電源や光量の調節ができる操作パネルがあります。もちろん、ここをいちいち開けなくても、リモコンですべて操作することができますよ。

(やはり窓を締めると、表示される数字は見えません)

炎の背面は特にデザインはないみたいです。側面も窓がないので、正面からだけ炎のゆらめきを楽しむ感じになるようです。

・炎は5つの明るさレベルとオフモードから選択が可能
・温度設定は17℃~27℃
・オフタイマー:30分~9時間とオフモードから選択が可能

こちらは昨年モデルと同様にナイトモードはありませんが、ヒーターを消して炎のみ楽しむことができるので、あたたかさを重視しなければ炎をたっぷり楽しむことができます。

もちろん、炎を消してヒーターのみ利用することもできます。

癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ガラスタイプ 特徴

癒される炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーターガラスタイプ

大きなガラス面、5段階で変わる炎の速度、ナイトモードなど、3Dの炎の表情をたっぷりに楽しみたい人におすすめ

大きさは「ラージ」タイプの約 幅61 x 奥行33.2 x 高59.5cmと同じ、約幅61 x 奥行33.2 x 高59.5cmです。

大きな特徴は、炎の速度を変えることができるところ。炎の動きが変わるだけで、雰囲気もぐっと変わりますよ。

ガラス面も広く三方が開いているので、炎の雰囲気をたっぷり楽しみたい人はこちらがおすすめです。

ガラスも昨年モデルと同じようにカッティングが施されているので、華やかな雰囲気。炎の背面はレンガ模様のデザインで仕上げられています。

他タイプと違って扉はないので、ヒーターの吹き出し口の横に操作パネルがついています。

ただ、操作時にパネルの数字などは表示されないみたいなので、操作する際に目で確かめたい人には少しわかりにくいかも。操作パネルの光で炎の雰囲気を壊さないようになっているようです。

・炎は5つの明るさレベルとオフモードから選択が可能
・温度設定は17℃~27℃
・オフタイマー:30分~9時間とオフモードから選択が可能

ファンヒーターの光量を減らして明るさを抑える「ナイトモード」付きなので、寝るときなど薄暗い状態で炎のゆらめきをたっぷり楽しむことができます。

もちろん、ヒーターを消して炎のみ楽しむこともできるし、炎を消してヒーターのみ利用することもできます。

番組中の動き

インフォメーションでは、ラージのクリームが人気だったみたいです。明るい色なので圧迫感がないのですてきですよね。

ちなみに昨年モデルもQVCサイトでは取り扱いがあるのですが、11月4日現在、クリームは既に完売になっています。

ビッグ・ディスカバリーに該当している新作3商品は、どのカラーもまだ在庫があるようですが、昨年も完売してしまうとアメリカからの在庫がなかなか補充されなくて、在庫が欠けたまま春を迎えてしまうことが多かったので、気になるカラーがある人は早めの検討がおすすめですよ。

■内容
癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ラージ
期間以降 19,800円(税込)→ 2018年10月31日~2月11日の期間内 15,800円(税込)

■カラー
ブラック、クリーム、ブロンズ、シナモン

■サイズ(約)
幅:61.0cm
奥行:33.2cm
高さ:59.5cm
重量 約13kg
コード長さ 約2m

消費電力 1000W

ランニングコスト
1時間あたり27円
※新電力料金目安単価27円(税込)/kWh

付属品
・リモコン
・単4電池(2個)

癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ミディアム
期間以降 14,800円(税込)→ 2018年10月31日~2月11日の期間内 12,900円(税込)

■カラー
クリーム、ブロンズ

■サイズ(約)
幅:53.4cm
奥行:27.3cm
高さ:58.4cm
重量 約8.3kg
コード長さ 約2m

消費電力 1000W

ランニングコスト
1時間あたり27円
※新電力料金目安単価27円(税込)/kWh

付属品
・リモコン
・単4電池(2個)

癒やされる炎 パワーヒート 暖炉型ファンヒーター ガラスタイプ
期間以降 27,280円(税込)→ 2018年10月31日~2月11日の期間内 24,800円(税込)

■カラー
ブラック

■サイズ(約)
幅:61.0cm
奥行:33.2cm
高さ:59.5cm
重量 約14.5kg
コード長さ 約2m

消費電力 1000W

ランニングコスト
1時間あたり27円
※新電力料金目安単価27円(税込)/kWh

付属品
・リモコン
・単4電池(2個)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます