QVCジャパン

スケッチャーズ オンザゴーシティ2 ハイバネイト ブーツ

11月2日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、スケッチャーズから秋冬の新作がQVC先行発売で登場。

スケッチャーズは9月16日にもスニーカーの新作でTSVがありましたが、今回のショートブーツで、この秋2回目のTSVになるみたいですよ。

ショートブーツはこれからシーズン本番なので、要チェックです。

スケッチャーズ オンザゴーシティ2 ハイバネイト ブーツ 特徴

今年のトレンドとなるショートブーツが登場。ブーツは防寒対策もあって重くなりがちですが、GO-WALKのコンセプトは「素足感覚で歩行を妨げない」シリーズ。今回のブーツも極力軽くなるように設計されているのが特徴です。

アッパーにはやわらかくて歩行を妨げない天然皮革のスエードを使用、靴の中は、かかとからつま先まで包み込むフェイクファーのライニングが設けられているのであたたかです。

さらに、今回のショートブーツは、履き口を大きく広げて脱ぎ履きしやすいデザインになっています。でも、ただ広がるだけではサポートが必要になってくるため、かかとをゴム紐で編みのデザインにすることでしっかりしたフィット感を生み出しているんですよ。

程よいアクセントでもあるのですが、飾りだけじゃないんですね。

履き心地のよさはソールにも秘密があります

スケッチャーズには、ゴルフやランニングなど競技のためのシューズをデザインしているチームがあるのですが、このブーツはそうしたチームが開発に携わっているそうですよ。

インソールには、フィットネスウォーキングに使われているクッション性のある素材を使用。高反発の素材なので、沈み込むだけでなく跳ね返りもあるので、歩く際に歩行をサポートして歩きやすくなっているのが特徴です。

さらに、アウトソールとミッドソールは一体成型になっていて、これはウォーキングシューズに使われているものと同じものなのだとか。今回は過去のものに比べてクッション性・軽量性を向上させているので、履き心地のよさをアップさせるポイントになっています。

樹脂を発泡させているので、とても軽く、クッション性・反発性があるので、歩く際の衝撃を抑えてくれます。

カラー展開は以下の5色です。

ブラック … どんなシーンにも合わせやすい定番カラー。

チャコール … グレー系のチャコール

ネイビー … 用意数少なめ。秋冬に合うシックな色合い。

チョコレート … 差し色にもおすすめのきれいなカラー。

バーガンディー … 用意数少なめ。秋冬に合う赤味のあるカラー。ミッドソールとアッパーのコンビネーションが他とは違う明るいカラーとの組み合わせになっています。

サイズに関しては、ライニングを使っているし、季節的にも厚手のソックスを使う場合もあるので、ゲストの高原さんによると、サイズは通常サイズよりワンサイズアップがおすすめになるようです。

ただ、ワイズは2E相当なので、外反母趾などで足にお悩みがあって、日頃から大きめのワイズを選んでいる人や大きめサイズを選んでいる人は、試着して確かめてみるのがおすすめですよ。

0時台の動き

定番カラーのブラックは数も豊富だったみたいですが、0時台で26.0に完売が出ています。その他のカラーも、大きいサイズから売れていっているみたいで、動きも早いようです。

ブラック 25.5 半数以下、26.0 完売
チャコール 25.5 半数以下、26.0 完売
ネイビー 22 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 半数以下、25.0 残りわずか、25.5 26.0 完売
チョコレート 26.0 完売
バーガンディ 22.0 半数以下、25.5 残りわずか、26.0 完売

■内容
スケッチャーズ オンザゴーシティ2 ハイバネイト ブーツ
QVC価格 10,260円(税込)→ 2018年11月2日限りのTSV価格 8,413円(税込)

■カラー
ブラック、チャコール、ネイビー、チョコレート、バーガンディー

■サイズ
22、22.5、23、23.5、24、24.5、25、25.5、26

重量 約240g(23.0cm片方)
ソール厚さ 約2.5cm
ヒール高さ 約4.0cm
ワイズ 2E程度

筒丈/履き口(約)
22.0:10.5/26cm
22.5:10.5/26cm
23.0:10.5/26cm
23.5:10.5/26cm
24.0:10.5/26cm
24.5:11.0/26cm
25.0:11.0/26cm
25.5:11.0/26cm
26.0:11.0/26cm

素材
甲:天然皮革+合成繊維
底:合成底

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます