QVCジャパン

ブランフィーネ スキンワイパー シャンパン [ハンディー美顔器]

12月22日の今日いちばんのとっておきTSV(Today’s special value)は、ピカ子さんのブランフィーネが登場。

「顔の筋肉に刺激を与えて、重力に負けないようあらがっていこうよ」という発想から生まれたハンディー美顔器です。

お肌の水分料をコントロールする「スキンケア」や、リンパの流れをケアする「ローラー」などと違い、顔の筋肉に刺激を与えるところがポイントです。

男性利用者もけっこういらっしゃるということで、今回のシャンパンゴールドは男性からも「使いたい」という声にこたえての新カラーです。

今回のTSVでは、さらに使うポイントを図柄で示したリーフレットも入ってくるようです。

※QVC.jpでは、使用方法動画が見当たらないのですが、放送中の番組内では、QRコードが表示されていました(YoutubeのURLらしいですよ)

ブランフィーネ スキンワイパー シャンパン【ハンディー美顔器】 特徴

顔の土台となる筋肉をケアすることを目指すハンディー美顔器です。

スイッチは一つ、モードは一つのシンプル設計。

ただし、筋肉が刺激に慣れてしまわないよう、3秒ごとに変わる3種類の微弱電流(微弱EMS)を採用し、さらに毎分約8000回の細かな振動を加えたダブルの効果で、顔の筋肉に刺激を与えていきます。

スイッチの反対側に通電板が設置されているので、そこに親指などを触れるようにして、ほうれい線などの気になる部分に、ゆっくりと、お肌に密着させながらスライドさせていけばOKです。

メイクの上からも使うことができて、乾電池を除いても約35gというハンディータイプなので、出かけた先でも、時間のあるときにササッとケアできるところが魅力。続けやすさを重視したアイテムです。

使うときのポイントは以下のとおり。

・動かす!止めない!!

・痛いときはたっぷり塗る!

・肌に当てるときはしっかり!

・10~15分!

・軽く滑らせる!

ピカ子さんによると、お肌が乾燥している人など、お肌の水分量が少ない人は痛みを感じやすいのだとか。「痛みを感じて使いにくいな」という人は、ジェルなどで保湿をして使うといいみたいですよ。

「だとしたら、お風呂上がりでお肌も潤っているときにジェルでケアしてから使うのがいいのかなー」と思っていたら、お風呂上がりで温まっている状態で使うのもおすすめらしいですよ。ピカ子さんもお風呂上がりに使っているそうです。

ただし、防水ではないので、お風呂の中では使用不可なので、この点は要注意です。

あと、力を入れる必要はないけれど、「おっかなびっくり」ではなく、しっかりお肌にあてながら「動かす」ところがポイントになるみたいですよ。

使用目安は、1カ所で最低10分~15分くらい。

番組を見ていても、10分ってけっこう時間がかかるように見えますが、西貝ナビによると、メイク前のちょっとした時間や、テレビを見ながら、資料を見ながら、パソコンしながらなどなど、「ながら」でできるので、ナビさんの間でもブランフィーネを愛用している人がいらっしゃるのだとか。

細切れ時間にケアできるところは、忙しい人にぴったりですね。

お肌に当たるボールの部分は高さが変えて作られているのですが、これは目元・ほうれい線など細かなパーツにフィットするためです。

使う部分は、気になる場所に使えばOKなのですが、「まずは」という場合、ほうれい線からケアしていくのがおすすめ。

顔の中心部分に加齢のサインや影を作るパーツがあると、メイクをしても顔が華やぎづらいのだそう。顔の中心でいちばん大きなパーツはほうれい線になるので、小鼻の横からしっかりとあてていくのがいいみたいです。

0時台の動き

0時台はまだサインなどは特に出てなかったのですが、電話対応は結構混み合っている状態だったようです。

出来るだけ早くアクセスする場合は、クイックアクセスかネットになるのかなという感じ。たぶん。

というのも、とにかく番組放送中、使用方法の動画へアクセスするためのQRコードがほとんど出っぱなしで、いつも右隅に表示される情報が今回はあまりなかったんですよ(汗)

■内容
ブランフィーネ スキンワイパー シャンパン【ハンディー美顔器】
メーカー直販価格 11,880円(税込)→ 2018年12月22日限りのTSV価格 6,998円(税込)

サイズ(約)
直径:2.5cm
長さ:13.8cm(キャップ含む)

重量 約35g(電池除く・キャップ含む)

材質
ABS 樹脂、銅メッキ

使用電池
単4電池×1本(付属/テスト用)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます