QVCジャパン

iconicon

18K テーパーダイヤ ワイドラインネックレス 計0.60ctUPicon

6月9日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、ダイヤモンドコレクションから、トレンドのデコルテに沿う形のスマイルデザインが登場。

2年前に登場した際よりも、さらにボリュームアップしているので要注目です。

ダイヤモンド 0.25ctUP→0.60ctUP
チェーン 45cm→50cm

注文後、約6週間でお届け。3年の無償サービスが利用できる修理保証カードもついています。本日中の注文であれば、分割払い手数料はQVCが負担してくれる10回分割OKの商品です。

※QVC指定の信販会社、またはQVCショッピングカードの利用に限る

18K テーパーダイヤ ワイドラインネックレス 特徴

テーパーダイヤモンドを隙間なく敷き詰めた、スマイルデザインのネックレスです。ダイヤの部分は幅が5cmUPあるのでボリューム感たっぷり。合計で0.60ctUPあるのでゴージャスにカジュアルにもドレッシーにも合わせることができます。

ラウンドカットはダイヤの正面で輝きますが、テーパーカットを施したダイヤモンドは「面」で輝くので、動きで輝くのが特徴。きらめきが途切れないところが魅力です。

ラウンドカットのダイヤモンドでは爪で留める必要がありますが、上下の地金でレールセッティングをしているテーパーダイヤモンドには爪がないので、ダイヤモンドの輝きを遮るものがありません。洋服やスカートにもひっかけることがありませんよ。

チェーンは全長50cm長さ調節が可能。スライド式なので好きな長さに調節することができます。

種類は以下の3種類です。

・地金はイエローゴールドにダイヤはシャンパンブラウン
・地金はホワイトゴールドにダイヤはシャンパンブラウン
・地金はホワイトゴールドにダイヤはブルーダイヤ

WG/ブルーダイヤ

ブルーダイヤモンドは、天然のダイヤモンドに高温高圧プロセス(HPHT)を施したもの。「ロイヤルブルー」にこだわって仕上げられています。

【高温高圧プロセス(HPHT)】
天然ダイヤモンドの結晶は、地球の深い部分で、超高圧高温の環境で生まれ育ちます。地上にはマグマの噴出などと一緒に運ばれて来るのですが、この間にほとんどのものは褐色を帯びてしまいます。

高温高圧プロセスは、ダイヤモンドが生まれた超高圧高温の環境を再現することで、ダイヤモンド本来の色に戻そうと試みる作業です。

番組で紹介された抜き打ちで行ったDGLの鑑定書にも、「色の起源:処理」と書かれていました。

※天然の場合は「色の起源:天然」と書かれます

ファンシーブルーダイヤモンドは、不純元素としてホウ素を含むもので、窒素を含まないタイプ。希少性がとても高く、電気を通す特異な性質があります。

ダイヤモンドは屈折率が高いので、ブルーダイヤモンドも白くきらめくのが特徴。

今回のTSVは「ダイヤモンドに自信がある」 ということで、番組ではあえて黒の台座の上に置いて紹介していました。一般的なブルーダイヤモンドは青い色を引き立たせるために、台座にグレーやベージュを合わせるのが普通なんだそうですよ。

洋服に合わせる場合も、ダイヤの青い色を引き立てる白、ベージュ、グレーがおすすめです。

WG/ダイヤ

ホワイトゴールド/シャンパンブラウンの組み合わせなので、シンプルに合わせやすいものを選ぶならこちらがおすすめですが、用意数少なめ。

ダイヤモンドのカラーグレードは、UNDER N(Very Light Brown)で、シャンパンカラーのものを使用しています。

YG/ダイヤ

これからの季節、日焼けしたお肌の上で合わせるならイエローゴールドがおすすめ。反対に、洋服の上に装うとドレッシーに決まるところも魅力です。

こちらもダイヤモンドのカラーグレードは、UNDER N(Very Light Brown)で、シャンパンカラーのものを使用しています。

希少性が高いのに、ブルーダイヤモンドがシャンパンカラーと同じ価格なのはなぜ?

坂根さんによると、色を合わせて綺麗に並べる必要があるため、テーパーダイヤモンドを作るには実際のキャラット数の10倍以上のダイヤモンドが必要なのだとか。

商品にならなかった残ったダイヤモンドを販売する力が必要になるし、売りさばく力がないと販売価格がアップしてしまいます。

インドに本社がある坂根さんの会社では、ダイヤの数も揃っているし、残ったダイヤもまんべんなく使うことができるので、お得な価格のTSVが実現しています。

この価格は、テーパーダイヤを自社でカットして作っている坂根さんの会社からこそ、そして直接QVCへ届けられるダイレクト価格であることはもちろん、利益度外視というところが大きいようです。

なので、今回のようなTSV価格では、ブルーは今回が最後と思ったほうがいいみたいです。

0時台の動き

電話対応は4分半前後の待ち時間が発生していますが、クイックアクセスや Web からであれば、スムーズに注文することができます。

インフォメーションによると、やはりホワイトゴールドのブルーダイヤを選んでいる人が圧倒的に多いそうです。

■内容
No.669933 18K テーパーダイヤ ワイドラインネックレス 計0.60ctUP
QVC価格 120,000円(税込)→ 2019年6月9日限りのTSV価格 59,999円(税込)

■カラー
WG/ダイヤ
YG/ダイヤ
WG/ブルーダイヤ

ブルーダイヤモンド(処理):0.60ctUP
ダイヤモンド:0.60ctUP

ヘッドの縦×横
約3.0×51.0mm

長さ 50cm(スライド式アジャスター付)

総重量 約1.3g

地金
18Kイエローゴールドまたは、18Kホワイトゴールド

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます