QVCジャパン

ReFa FINE BUBBLE[リファファインバブル]

この日の今日いちばんのとっておきTSV(Today’s special value)は、美容アイテムで人気のReFaが登場。

新商品のReFaファインバブルがQVC初登場です。

ReFa FINE BUBBLE [リファ ファインバブル] 特徴

今あるシャワーヘッドをReFaファインバブルと交換することで、直径100μm以下の小さな気泡(ファインバブル)を発生させるシャワーヘッドに変えることができます。

交換する際には工事は不要。主だったメーカーに対応するアダプターが3種類付属しています。

シャワーヘッド内には独自構造のファインバブル発生器「スパイラルキャビテーション」を搭載、1mLあたり約3,950万個のファインバブルを発生させています。

※1mLあたり、ウルトラファインバブルとマイクロバブルの合計値

シャワーヘッド内の構造で超微細の泡を作るので、フィルターなどの交換が必要ないところが大きな魅力です。

シャワーの散水板の部分には「バブルコントロール機能」を搭載していて、散水板に向かって左に傾けるとOFF、グリップに合わせるとF.B.1、右に傾けるとF.B.2とファインバブルのオン・オフと水流の強さを調節することができます。

OFF … ファインバブルの発生を減らして、シャワーの勢いを強くしたい時
F.B.1 … 標準
F.B.2 … 水圧が低い環境でファインバブルを発生しやすくする(ただし、低水圧用に設計しているわけではないので、シャワーの勢いは弱くなることがある)

この他、取り付けることで約40%の節水が可能というところも魅力です。

※同メーカーのシャワーヘッドと比較。FB2で使用時
試験条件: 水温40℃、ホース水量9L/min

通常のシャワーとして使う他、お湯をためた浴槽につけて使うのもおすすめになるようです。

1分ほどお湯を出していると、湯船のお湯が乳白色に変化。ウルトラファインバブルで満たされた「シルキーバス」として楽しむことができます。

普通のお湯に比べると空気もたくさん含んでいるので、肌あたりよく感じることができるみたいですよ。

ReFaファインバブルの使用可能な温度は5℃~45℃。シルキーバスとして使用する場合、35℃~45℃が推奨になっています。

泡で汚れを落とす、「ファインバブル」って何?

「ファインバブル」というのは、超微細な泡のこと。

一般社団法人ファインバブル産業会(FBIA:エフビア)が定めた規定では、100μm以下の泡とされています。MTGはFBIAに2013年から加入していて、もちろん今回のTSVも、FBIAの認証を得た製品です。

・ウルトラ ファインバブル … 1μm未満
・マイクロバブル … 1μm~100μm

※1μm(マイクロメートル)=0.001mm

ファインバブルは疎水性で、毛穴より小さな特殊な泡なので、疎水性相互作用といって疎水性の汚れである皮脂やメイク残りを吸着して落としやすくしてくれます。

ただ、「汚れが落ちやすいんだから、じゃあシャンプーや石鹸は必要なくなるの?」と思ってしまいますが、そうではないみたいですよ。

ReFaのサイトでは、洗髪は通常のシャワーと比べると汚れが落ちやすいと説明されていましたが、清潔に保つことを考えるならシャンプーと併用して使うこともすすめられていました。

ファインバブルは、「通常だと残りやすい汚れも落としやすい」、「汚れを落とす際に、お肌に負担をかけにくい」ところが魅力と考えるのがいいみたいで、それだけで汚れをしっかり落とすものではないみたいです。

ちなみに、番組で紹介されていたReFaファインバブルを使ってみた美容室の方のコメントでは、シャンプーの泡立ちがよく、泡のキメの細かさが変わったように感じると紹介されていました。汚れが落ちていないとシャンプーは泡立ちが悪いそうです。

0時台の動き

番組4分頃には、電話対応で4分近い待ち時間が発生していますが、クイックアクセスや Web からであればスムーズに注文することができるようです。

■内容
No.671256 ReFa FINE BUBBLE [リファ ファインバブル]
メーカー直販価格 18,144円(税込)→ 2019年9月10日限りのTSV価格 14,999円(税込)

商品内容
・本体
・アダプター3種:K(KVK用)、M(MYM用)、G(ガスター用)
・外装リング
・ゴムパッキン(細)
・取り付けガイド

サイズ(約)
幅8.4×高さ24.4×奥行13.6cm

重量 340g

素材
ABS樹脂
ポリアセタール
ステンレス
エチレンプロピレンゴム
シリコンゴム

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます