フードプロセッサーを使ったコロッケ作り

フードプロセッサー「あじのさと」を使って、なにか作ろう! ということで、バナナジュースの次に挑戦したのはコロッケでした。

管理人、あじのさとも初心者だけど、コロッケも初心者だったりするのですが(いつもはコープさんの、パン粉までついてて揚げるだけの冷凍コロッケを愛用)

いきなりハードルを上げすぎたか!?(汗)

フードプロセッサーでコロッケを作る工程を考えてみた

要は、粉砕した具をマッシュポテトにくるんで、パン粉をつけて揚げればいいわけですよね。

ざっくりと考えた手順はこんな感じ。

【手順】
じゃがいもを電子レンジで蒸す→その間にパン粉を作る《あじのさと》→玉ねぎ、豚バラを粉砕して《あじのさと》炒める→蒸したジャガイモをつぶす《あじのさと》→炒めた具とジャガイモを合わせる《あじのさと》→小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げる

実際に作ってみた感じ

工程は6回ほど。あじのさとの出番は4回くらいかな? 量は大人2人で4個あればOK。

というわけで、実際はこんな感じで作ってみました。

ジャガイモ2個

1. じゃがいも2個を洗って、電子レンジにかける。350~400gが目安みたいだけど、写真で380gほど。

2. コープさんの食パン(5枚切り)の1枚を粉砕してパン粉を作る。できあがったパン粉はボウルにあける。

3. 続けて玉ねぎ1/4個、豚バラ肉70g(注※) を投入。

豚バラ肉は、コープさんの冷凍で届いたやつを、凍ったまま放り込んでいます。塩コショウして、ブレードは「カッター」で、スピードは「HI」の設定で30秒ほど。

最初、玉ねぎ1/4個をそのまま入れたんだけど、モーターの馬力がすごくて、こちらが振り回されそうになってびっくり。もう少し小さく切って入れ直しています(汗)

そして、超肝心なポイントは、豚バラ肉の量(注※)を間違えています…。この後の「結果」でまとめています。

4. 3をフライパンで炒めて、色が変わってきたら、酒、しょうゆを大さじ1ずつかける。

炒め終わったら、あじのさとに戻したいんだけど、説明書によると60℃以上のものを入れるのは避けるということなので、熱いのを入れるのもどうかなと火を止めてそのまま待機。

蒸したジャガイモ

5. 電子レンジで4分ほど蒸したジャガイモの皮を剥いて、HIの設定で30秒ほど。

じゃがいもが熱すぎて、皮むきに手間取る(汗)

6. 炒めた具とジャガイモを合わせる。

このとき、つい、あじのさとを回して混ぜ合わせたんだけど、ここで妙な粘りを感じる。具を合わせるのは、セットについてたヘラで混ぜる程度でよかったかもしれない…。

衣をつけて、油で揚げてできあがり

7. 小麦粉、卵1個に水大さじ2を加えた卵液、2で作ったパン粉を順番につけて油で揚げてできあがり。

結果

ちょっと粘りが出てしまいました

できあがりは、いまいちでした(汗)

一番の敗因は、豚バラ肉の量を間違えたこと。

他の材料はコロッケ4個分の目安で作ってるんだけど、8個ぶんの目安になる30~50gくらいをさらに超えた量になってました。

というのも、コープさんの豚バラ肉って、薄切り肉が3枚1組で凍ってるから、つい、その100g前後の塊を、ポイッと入れちゃったんですね。

入れる前に量りましょう(汗)

ちなみにコロッケ4個作る場合、豚バラ肉は20g前後でいいみたいです。

こんな感じでアバウトに作ったせいか、手順の「6」で炒めた具とじゃがいもを合わせたときに、生地に変な粘りが出て、最後まで粘ったコロッケにしあがってしまいました。

後で調べてみると、ジャガイモを潰す前にジャガイモが冷えてしまうと粘りが出るらしいですよ。あと、豚バラ肉の量も多かったのが悪かったのかな。具を合わせるときは、あじのさとを回さずに、ヘラで合わせたほうがよかったかも…。

と、思い当たるフシがいろいろありますが、でも手順はこんな感じでいいみたいなので、今後はもう少し手際よく極めていこうと思います。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます