水道水だけで作る除菌スプレー e-3X登場 2021年1月16日のTSV

@LIFE 水道水だけで作れる除菌スプレー e-3X

【商品詳細】
水道水を電気分解することで、複数の除菌物質とウルトラファインバブルを作り出し、スプレーで噴霧することができる充電式のアイテムです。

※除菌 対象物における微生物数を減らし、清浄度を高めること

■ 水道水だけで作れる、除菌スプレー

80mL程度の水であれば、わずか1分ほど除菌水(*2)が作れる高機能除菌スプレーです。

独自に開発したコアテクノロジー「EOCIS」が、特殊電極に最適な電圧をかけ、水道水を電気分解。除菌効果を持つ物質を複数生成(*3)し、同時にウルトラファインバブル(*4)も発生させます

*1)80mLの生成の場合
*2)すべての菌、ウイルスに効果があるわけではありません
*3)OHラジカル、塩素系物質、オゾン
*4)粒径1マイクロメートル未満

交換カートリッジや添加物は不要で、使うのは水道水のみ。水道水を入れて生成ボタンを押すだけでOK。

スプレー本体とボトルベースが分離するユニットタイプなので、ボトルベースから取り外して、そのまま除菌スプレーとして使用することができます。

スプレー式で、除菌水も水からできているので、アルコールに弱いABS樹脂を使用した電化製品や自動車部品、おもちゃ、ドアノブ、床材などの他、コートやスーツなどの衣類、スマホ、キッチン周り、気になるところに使用することができます。

布製品に使う場合は、しっとり湿る程度にしっかりスプレーし、自然乾燥させる必要があるようです。

番組内では、1回作ると12時間ほどで水道水に戻ると説明がありました。@LIFEのサイトでも、ボトル内で生成した除菌液が効果を保持することができる時間として12時間を目安としているようです。必要な量をこまめに作って使い切るようにするのがいいみたいですね。

注意点としては、カビや雑菌が繁殖しないように、汲み置きなどの水の使用は不可。使用後のお手入れとして、ボトル内、スプレーホース、ノズル部分に水分が残らないように除菌水が出なくなるまでスプレーしたあと、スプレーキャップを取り外した状態でしっかり自然乾燥させる必要があります。

刺激や臭いはありませんが、医薬品ではないので人の体には使えません。

★この後、口コミ評価を見かけたらまとめてみます

スポンサーリンク
■内容
No.688349 @LIFE 水道水だけで作れる除菌スプレー e-3X
QVC価格 18,480円(税込)→ 2021年1月16日限りのTSV価格 13,998円(税込)

【商品仕様】
[商品内容]
・本体
・ボトルベース
・ACアダプター

[サイズ]
本体:約 7.2×7.7×24.1cm
ボトルベース:約 8.2×8.3×3.8cm

[重量]
本体:約190g
ボトルベース:約70g

[コード長さ]
約1.8m

[容量]
1min:約80mL
3min:約160mL
5min:約240mL

[材質]
ポリカーボネート、ポリプロピレン、ABS、ステンレス、ポリエチレン、シリコーンゴム

[消費電力]
12W

[ランニングコスト]
1回あたり約0.0054円、1年あたり約9.9円 (1分間生成した除菌液 1日5回の使用を想定)
※新電力料金目安単価27円/kWh(税込)

【中国製】

コメント