穴を開けずに繰り返し使うことができるフック、耐荷重10kgで登場 2021年9月4日のTSV

貼って剥がせる吸着フック耐荷重約10kg 8点セット

【その他】
貼って剥がせる吸着フック耐荷重約5kg 10点セット

【商品概要】
貼ってはがせる吸着フックが登場。今回は、耐荷重10kgのものと、耐荷重5kgですが天井にも使用可能な吸着フックの2種類がTSV価格になっています。

商品詳細

貼り付けたい場所のホコリや汚れを落としてきれいにした後、吸着面についているシートを剥がして貼り付けるだけ。水で洗って繰り返し使える収納フックが登場です。

好きな場所にピタッと貼り付けて使え、剥がした跡は残りません。貼りたい場所にピタッと貼り付けるだけで、ドリルなどの工具は不要です。

水に濡れても大丈夫なので、お風呂場やキッチン、洗面所などでも使うことができます。

10kgタイプ

使用の目安は約10kgまで(滑らかな垂直壁面に貼り付け、フックに対して下方向に荷重をかけた場合/*1)

様々な場所に収納スペースをつくることができます。セラミックタイルや冷蔵庫、タンス、大理石、木製タイル、鏡、ステンレス、アクリル板、プラスチック、ラミネート版など堅くて平らな面がおすすめです(*2)

取付不可な場所は以下のとおりです。

・凸凹、ザラザラ、溝・隙間がある面
・吸着面よりも小さい面
・つや消し、フッ素等の特殊加工が施された表面
・危険物、貴重品、壊れやすいもの

※強力粘着なので、クロス等にはおすすめできない
※高温になる場所での使用は不可

5kgタイプ

フック部分が180度調整できるので、天井面から物を吊り下げての使用も可能。天井面に貼り付けて使用した場合の使用目安は約4kgまで(*1)

10kgタイプも5kgタイプもカラー展開は、シャンパンゴールド、クリア、シルバーの3種類です。

*1)表示の耐荷重は本品が保持する重量を保証するものではなく、貼り付ける側の表面状態、使用環境によって異なる。
*2)漆喰の壁、ペンキで塗った壁、石積みの壁、装飾のある壁紙などには貼らない。フックが落下するか、または壁を傷つけてしまう恐れがあります。

★この後、口コミ評価を見かけたらまとめてみます

スポンサーリンク

商品の内容チェック

No.695558 貼って剥がせる吸着フック耐荷重約5kg 10点セット
QVC価格 3,998円(税込)→ 2021年9月4日限定のTSV価格 2,998円(税込)

【商品仕様】
[サイズ]
約 縦10 x 横10 x 高さ 2cm
[材質]
合成樹脂(PVC、PS)、金属
[耐荷重]
約5kg(滑らかな垂直壁面に貼り付け、フックに対して下方向に荷重をかけた場合)
【天井面に貼り付けた場合の耐荷重量】: 約4kg
※本品を天井面に貼り付けて、ものをフックに吊るすことは可能だが垂直の壁面に貼り付けてフックに対して下方向に荷重が加わる使い方がお勧め
[使用方法]
1.本品を貼り付ける表面をきれいに拭く。表面が完全に乾燥し油分が残っていないことを確認する。
2.本品背面の保護フィルムを剥がす。
3.上記1.できれいに拭いた表面に本品の粘着部を貼り付けて強く押し付ける。
4.内部に残った気泡を外に押し出す。
5.1時間そのまま貼付した状態にする。
6.フック部分に指を押し当てて、本品がしっかり貼り付いていることを確認する。
7.本品を剥がす場合は、コーナー部分からゆっくり剥がす。無理に剥がすと本品が破損する恐れあり。
【中国製】
[お手入れ]
・汚れた場合または粘着力が弱くなった場合は、本品の粘着部表面をぬるま湯で汚れや埃を洗い流す。
・粘着力低下の原因になるので、研磨剤成分の入った洗剤で洗わない。スポンジ等で擦らない。
・本品の粘着部を洗った後は自然乾燥またはドライヤー等の冷風で乾かす。タオルの繊維が粘着部に付着し、粘着力低下の原因となるので、タオルなどで水滴を拭き取らない。
・本品の粘着部を洗った後は、本品を十分に乾燥させ粘着部に水滴が残っていないことを確認し、再度貼り付ける。
・本品を再度貼り付ける際は、必ず上記の使用方法・手順に従って貼り付ける。

No.695559 貼って剥がせる吸着フック耐荷重約10kg 8点セット
QVC価格 3,998円(税込)→ 2021年9月4日限定のTSV価格 2,998円(税込)

【商品仕様】
[サイズ]
約 縦12 x 横12 x 高さ 2.5cm
[材質]
合成樹脂(PVC、PC)
[耐荷重]
約10kg(滑らかな垂直壁面に貼り付け、フックに対して下方向に荷重をかけた場合)
[使用方法]
1.本品を貼り付ける表面をきれいに拭く。表面が完全に乾燥し油分が残っていないことを確認する。
2.本品背面の保護フィルムを剥がす。
3.上記1.できれいに拭いた表面に本品の粘着部を貼り付けて強く押し付ける。
4.内部に残った気泡を外に押し出す。
5.1時間そのまま貼付した状態にする。
6.フック部分に指を押し当てて、本品がしっかり貼り付いていることを確認する。
7.本品を剥がす場合は、コーナー部分からゆっくり剥がす。無理に剥がすと本品が破損する恐れあり。
【中国製】
[お手入れ]
・汚れた場合または粘着力が弱くなった場合は、本品の粘着部表面をぬるま湯で汚れや埃を洗い流す。
・粘着力低下の原因になるので、研磨剤成分の入った洗剤で洗わない。スポンジ等で擦らない。
・本品の粘着部を洗った後は自然乾燥またはドライヤー等の冷風で乾かす。タオルの繊維が粘着部に付着し、粘着力低下の原因になるので、タオル等で水滴をふき取らない。
・本品の粘着部を洗った後は、本品を十分に乾燥させ粘着部に水滴が残っていないことを確認し、再度貼り付ける。
・本品を再度貼り付ける際は、必ず上記の使用方法・手順に従って貼り付ける。

コメント