リンガーハットから、野菜たっぷりちゃんぽんが登場 2022年1月14日のTSV

iconicon

リンガーハット 野菜たっぷりちゃんぽん8食icon

【商品概要】
リンガーハットから、野菜たっぷりのちゃんぽんが登場。一日あたりにとる必要のある3分の2にあたる約240gの野菜をとることができるところが魅力です。

本日1/14限り以下の中から2点同時に購入毎に1,000円割引きの特典あり
No.698922(リンガーハット 野菜たっぷりちゃんぽん8食)
No.692211(リンガーハット チャーハン6食・ぎょうざ3袋)
No.692114(リンガーハット 長崎皿うどん5食)
No.701018(吉野家の牛すき6食セット)
No.682355(吉野家の牛丼の具10食セット)

商品詳細

全国に展開する長崎ちゃんぽん専門店の「リンガーハット」から、店舗で味わえる長崎ちゃんぽんをご家庭で手軽に食べられるように開発した「野菜たっぷりちゃんぽん」が登場です(*1)

具材はキャベツ、玉ねぎ、にんじん、いんげん、コーン、揚げかまぼこ、豚肉、はんぺん、えびを使用。

本品に含まれる野菜は生換算で約240g。厚生労働省(健康日本21(*2))が推奨する1日分の野菜摂取量約350gの約2/3に相当するので、野菜をたっぷりとれるところが魅力です。

原料の野菜はすべて国産、麺で使用する小麦は国産100%を使用しています。

リンガーハットの工場でつくった自家製麺は、中太のストレート麺がスープとよく合うのが特徴です。

そして独自開発のスープは、コクのあるミルキーでマイルドな塩味風味。

しょうがドレッシングがついていて、食べている途中で味を変えるのもよし、使わなくても普通のサラダに使うこともできるそうです。

それからリンガーハットのちゃんぽんは塩味を控えめにしてあるそうで、さとうナビによるとチャーハン(No.698922)をちゃんぽんのスープに浸しながら食べるのもおすすめになるようです。

調理例

アレンジレシピ「彩り野菜のちゃんぽん」
水300ccを中火で熱し、かぼちゃ約40gを角に切って2分ほどゆでる。麺と具材、スープを入れ、麺がほぐれたら程よく切った小松菜約50gを入れて混ぜ、1分ほど加熱。最期に半分に切ったミニトマト3個、合わせ調味料(乾燥バジル 小さじ1/2、オリーブオイル 大さじ1、おろしにんにく 小さじ1/2)を加えて、さっと混ぜたら出来上がり。

焼きちゃんぽん
一度ゆでた麺をフライパンで炒め、具材を入れて、ウスターソース適量、付属のスープ適量で味を加えて出来上がり。さとうナビによると、付属のしょうがドレッシングをかけてもおいしいそうです。

締め雑炊
児嶋さんによると、麺を食べ終わった後、ご飯と卵を入れて少々煮込めばできあがり。

アレンジレシピ「シーフードクリーミーちゃんぽん」
水250ccを入れ、沸騰したら麺、付属の野菜の具、シーフードミックス50g、スープを入れます。2分ほどゆでればOK。火を止めて無調整豆乳100ccを入れ、馴染んだら再度火をつけて全体をあたためればOKです。器に盛り付けてラー油を適量かければ完成。さとうナビによると、チーズをかけてもいいかもとのこと。児嶋さんは麻辣醤を少し足すのがおすすめになるようです。

*1)ご家庭用にアレンジされており、店舗と全く同じではありません
*2)出典:厚生労働省 国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針より

★この後、口コミ評価を見かけたらまとめてみます

スポンサーリンク

商品の内容チェック

No.698922 リンガーハット 野菜たっぷりちゃんぽん8食
QVC価格 5,573円(税込)→ 2022年1月14日限りのTSV価格 4,458円(税込)

【商品仕様】
[アレルギー物質特定原材料7品目]
小麦、乳、えび

[内容量]
395g(めん150g)×8食

[保存方法]
開封前:ー18℃以下で保存して下さい
開封後:開封後はお早めにお召し上がりください

[食べ方]
1.鍋に水を300ml入れ、沸騰したらスープを入れる
2.凍ったままの具材・冷凍ちゃんぽんめんを袋から出して鍋に入れる
3.めんを箸でほぐしながら強火で再沸騰させる(約2分程度)
4.器に盛りつけてできあがり。しょうがドレッシングを好みでかける
※好みに合わせて水の量を加減する。お好みの具材を入れてもOK。

[原料原産地]
野菜(キャベツ(国産))

[加工地]
日本

賞味期限 : 2022年9月末
配送方法 : 冷凍配送