気になる部分を刺激でケア、保阪流ウェルネスからディープアタッカー登場 2021年1月9日のTSV

保阪流ウェルネス ディープアタッカーPRO

【商品概要】
叩き振動で刺激をくわえることで体の気になる部分をケアしてくれる、保阪尚希さんが監修のヘルスケアグッズです。

前回モデルからバージョンアップして登場です。

ホワイト、ピンクは新色です。

ブランディア

スポンサーリンク

Brandear(ブランディア)

商品詳細

叩き振動で刺激をくわえることで体の気になる部分をケアしてくれる、保阪尚希さんが監修のヘルスケアグッズです。

マッサージ機のように揉むわけではなく、ブルブルと揺らす振動なので、アタッチメントが当たっている部分だけでなく、周辺も揺らしているところが大きな特徴。

筋肉は筋膜というボディースーツのような1枚の膜で覆われています。この筋膜と筋肉に刺激を与えることに着目。強い叩き刺激で緊張をほぐすことを目指しています。

ストレッチをしながら当てることで、同時に物理的刺激を与えることができるので、効率よくストレッチをしたい人や、1人ではストレッチができないという人にぴったりのアイテムです。

プロになってからの変更点

大きな特徴は軽さ。前回は約690g(アタッチメントを含まず)だったのが、約460gになっています。「ペットボトルより軽くすることを目指した」ということで、大きさも全体的にややコンパクトになっているようです。

アタッチメントが3種類→4種類に。材質も、前回は「ABS樹脂・シリコン」でしたが、今回は「ABS樹脂、EVA樹脂」と少し変更があるようです。

充電時間が、前回は「約5時間充電で約1.5時間使用可能」だったのが、今回は「約3時間充電で約1.5時間使用可能」と、充電に時間がかからなくなっているところもポイント。

強度調節は3段階から6段階に変わって選択肢が増えています。

「操作性が悪い」と低い評価だったボタン位置は、本体上に変更になっています。

軽量・コンパクト設計に

重量は約690g(アタッチメントを含まず)→約460gに。

サイズは表記が違うので単純に比較できませんが、以下の通り。全体的にコンパクトになっているようです。

【前回モデル】

本体:高さ23.5×長さ13.8×直径6cm
(アタッチメントを含まず)
【今回モデル】

幅14.2×高さ14×奥行5.6cm

軽くてコンパクトになりましたが、重心を本体上部に集め、体に当てたときに本体自体の重みがダイレクトに伝わるよう設計変更されています。

口コミでは「持ち手を長くしてほしい」という要望がありましたが、あえて持ち手を短くすることでサイズダウンと軽量化を図り、扱いやすさを重視しているようです。

強度の段階が3段階→6段階に

【前回モデル機能】
1900回転/分、2400回転/分、2800回転/分
【今回モデル機能】
6段階の強度調整
モード1:2100回/分(±10%)
モード2:2300回/分(±10%)
モード3:2400回/分(±10%)
モード4:2500回/分(±10%)
モード5:2600回/分(±10%)
モード6:2800回/分(±10%)

強弱のモードは6段階。押し付ける強さで加減することも可能となっているようです。

2100回/分の-10%は1890回/分、+10%は2310回/分なので、前回モデルの「弱」モードと今回モデルの「モード1」を比べると「軽く当てて、ちょい弱」~「しっかり押さえつけて、やや強め」といった感じになるようです。

自動OFFがやや長めに

前回は10分でオートタイマーが働きましたが、今回モデルは15分で自動停止するオートタイマーが設定されています。

「10分では、もの足りない」と思っていた方にとっては改善ポイントになるようです。

アタッチメントが4種類に

体の部位によってアタッチメントを使い分けることで、より効果的にアプローチすることを目指しています。3種類だったのがPROになって4種類に。

前回の材質はABS樹脂・シリコンでしたが、ABS樹脂、EVA樹脂と少し変更されて、形も大きく変わっているようです。

丸型タイプ … 太もも・お尻などに
平型+突起型タイプ … 【平型にラバー使用】ふくらはぎなどに
円錐タイプ … 【ラバー使用】足裏・骨のきわなどに
U字型 … 【ラバー使用】すねなど挟んで気持ちがいい部位に

一部、弾力性のあるラバーを使用して、肌当たりをよくしています。細かい部分におすすめになるようです。

カラーはホワイト【新】、ピンク【新】、ブルーの3種類です。

商品の内容チェック

No.705426 保阪流ウェルネス ディープアタッカーPRO
メーカー直販価格 24,980円(税込)→ 2022年11月22日限りのTSV価格 11,998円(税込)

【商品仕様】
[商品内容]
・本体
・アタッチメント(4種類)
・充電用ケーブル
・使用ガイド
[サイズ]
幅14.2×高さ14×奥行5.6cm
[重量]
約460g
[材質]
本体:ABS樹脂
アタッチメント:ABS樹脂、EVA樹脂
[充電時間]
約3時間充電で約1.5時間使用可能
【中国製】
[使用方法]
・アタッチメントを本体にしっかりと差し込んで取り付ける
・電源ボタンをランプが点くまで長押しして、電源を入れる
・電源を入れたあと、ボタンを短く押すと叩き速度を調節することができる(1回押すごとに、速度が1段階上がる)
・ケアしたい部位に軽く押し当てて使用する
・電源ボタンをランプが消えるまで長押しすると、電源が切れる
※ケアしたい部位をストレッチしながらの使用がおすすめ

スポンサーリンク

2021年1月から2021年1月までのTSV&口コミチェック

2021年1月9日 No.681931 保阪流ウェルネス ディープアタッカー

全身の気になる身体の部位に当てて叩き振動で刺激を与えてくれる、保阪尚希さん監修のヘルスケアグッズ。ブラック、メタリックピンク【新色】、メタリックグレー【新色】の3種類のカラーで登場。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.3という感じでした】

肩こりなどが「とても楽になった」と高評価の商品です。アスリートが似たようなマシーンを使用しているということで購入を検討したという方が何人かいらっしゃるようでした。家族で使用しているという声もいくつかあります。

振動は気持ちいいけれど、「重たい」という声がいくつかあり、「スイッチの場所が悪い」ということで使用感に少し使いにくいところがあるようです。ちょうど握る所にスイッチがあるため、扱っている最中に動作して振動が強くなったり、止まったりしまうとのこと。

ただ、使用時間は10分で自動で切れる仕組みにもなっているので、動作が切れるという口コミの中には機能的なものがあるかもしれません。

切れるたびに違う場所に移動させて、「揉み返し予防の目安にしている」とか、「気持ちよくてウトウトしても安心」という声がありました。ただ、この10分も「短すぎる」という声があります。スイッチの位置も、「オフにしにくい位置にあったら、それはそれで危ないかもしれない」という声がありました。

お尻に近い腰の部分に使うという方によると、マシーンを床に置いて、頭だけ持ち上げて使っているとのこと。この他、本人が横に寝て使用したり、また、本人はうつ伏せになって、肩、背中、腰などを家族の方に当ててもらうという声もありました。

一人では腰回り、背中は使いにくいようで、腕が上がりにくくなっているという方からは、「もう少し持ち手が長いといい」という声がありました。

口コミの中には、「力が弱いけれど、本体の重みが逆にやりやすい」、「軽いと自分で力を加えない溶けないだろうから、この重さは必要」という声もあるので、重さが気になる方は使い方に工夫が必要になりそうです。

ともあれ、「重さで使いきれない」と感じる方は評価が低くなっているようです。

この他、音に関する低い評価がいくつかありました。「思っていたよりうるさい」と感じるケースがあるようです。

使用感に関しては、強弱にもう何段階歌かほしいという声がありました。特にもう位置段階下の「弱」が欲しいという声がいくつかあるようです。

構造的な問題では、蓋の裏のコードを押さえる所に高さのあるポッチがあり、蓋が完全に閉まらないという声がありました。

また、ブルーの光で照射していることに関して、「この光は必要なのか?」という声がいくつかありました。就寝前に使う方は特に刺激になってストレスに感じてしまうようです。

ヘッドの種類がもっとほしいという声も。「ストラップが取り外し可能になっているとよい」といった声もありました。

この他、極僅かですが「アタッチメントの摩耗したものが黒い粉となって、使用中にやたら出てくる」という声がありました。使用で異常を感じる場合は、QVCの窓口に問い合わせたほうが良いかも知れませんね。

この他、ぎっくり腰に使えるかもしれないと期待する声がありましたが、疾患のある方は骨や神経に異常がないかお医者さんに診てもらって、使用しても大丈夫そうか相談してから利用するのがおすすめです。

番組で紹介していたような、前屈や開脚ができるようにならないということで評価が低くなっているケースがありました。