アラプラス 糖ダウン アラシア 120日分 2023年1月15日のTSV

アラプラス 糖ダウン アラシア 120日分

【その他】
アラプラス 糖ダウン アラシア 30日分

【商品概要】
今回、プレミアムバージョンが初TSVで登場です。5-ALAとサラシアの2つの機能性関与成分をW配合して血糖値を徹底的にサポートすることを目指したサプリメントです。
ブランディア

スポンサーリンク

Brandear(ブランディア)

商品詳細

プレミアムバージョンの「糖ダウン」は、2つの関与成分で高めの空腹時と食後の血糖値をW(ダブル)でサポートしてくれるところが魅力。

一日1回、1粒を目安に、水などと一緒にいただきます。

【機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン アラシア」届出表示】
本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)とサラシア由来サラシノールを含みます。ALAは高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。サラシア由来サラシノールは食事から摂取した糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。血糖値が高めの方や糖質が多い食事を摂りがちな方に適しています

アラプラス糖ダウンに入っている、ALA(アラ)って何?

ALAは、人間の体の中で作られているアミノ酸の一つで、エネルギーを作り出す器官「ミトコンドリア」が糖分や脂質からエネルギーを作り出している働きを助けてくれます。

ただ、体内での合成量は、年をとって代謝が低下していくのとともに減少していくので食事からとることになります。

ほうれん草、トマト、黒酢、高麗人参といった食品に含まれているそうですが、その量はごくわずかなので、サプリメントなどを活用するのがおすすめになるようです。

アラプラス糖ダウンに入っている、サラシアって何?

サラシアは、インド、スリランカ、東南アジアなどの熱帯地域に自生する植物です。

食事によって摂取した炭水化物は、消化酵素「アミラーゼ」によって糖類に分解されて小腸に運ばれ、体内に吸収できるようさらに分解されます。

サラシアに含まれるサラシノールはα-グルコシダーゼの働きを阻害して糖類に分解されるのを抑え、糖が吸収されにくくする働きがあります。

この働きによって、血糖値の上昇を抑える作用が期待できるというわけです。

メーカーが考えたバランス、1粒あたりALA約15mg、サラシノール約0.3mg

「糖ダウン アラシア」1カプセルあたりに5-ALAを15mg配合しています。

食品に換算すると、1束300gのほうれん草約207束分、黒酢1リットルを1kgとした場合5リットル分、1パック50g納豆の約686パック分に相当(*1)するとのこと。

これまでのアラプラス糖ダウンは、1カプセル(320mg)当たり1日の補給量の目安を満たす5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)25mgを含んでいて、糖をエネルギーに変えるサポートをしていました。

でも処理する糖が多すぎると、処理しきれない糖が残ってしまうケースが考えられるのだそう。

「糖ダウン アラシア」が含む5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)は前バージョンに比べると減っていますが、1粒あたり0.3mg配合したサラシア由来サラシノールが体に糖を溜めないよう糖の吸収をブロックして、5-ALAが吸収した糖をエネルギーに変えてくれるので(*2)、ダブルの働きが血糖値を正常に近づけることをサポートしてくれるというわけです。

飲むタイミングを選ばず、思い出した時にいつでも飲めるところが魅力です。

*1:比較品栄養素:出展:5-アミノレブリン酸の科学と医学応用 (東京化学同人)よりアミノレブリン酸の含有量を分子量比率を用いメーカーが5-アミノレブリン酸リン酸塩の食物換算を算出
*2:経口摂取した5-アミノレブリン酸リン酸塩により、細胞内ミトコンドリアにおいて低下したエネルギー産生が活性化されることで耐糖能が向上し、空腹時血糖と食後血糖を改善する可能性があると考えられる。サラシア由来サラシノールを摂取することにより腸内のα-グルコシターゼ活性が阻害され、炭水化物が体内に吸収されやすい単糖に分解されることが抑制されることで、糖の吸収が抑えられ、食後の血糖値の上昇が緩やかになると考えられる

商品の内容チェック

No.712692 アラプラス 糖ダウン アラシア 120日分
メーカー直販価格合計 23,328円(税込)→ 2023年1月15日限りのTSV価格 11,998円(税込)

【商品仕様】
[アレルギー物質特定原材料7品目]
なし
[内容量]
30日分(30粒入り)×4袋
[目安量]
1日1粒
[食べ方]
1日1粒を目安に、水などと一緒に
[保存方法]
直射日光、高温多湿を避けて涼しいところに保存する
[栄養成分表示]
(1カプセル(368mg)当たり)
エネルギー:1.32kcal
たんぱく質:0.008g
脂質:0.004g
炭水化物:0.31g
食塩相当量0.009g
[届出番号]
F683
[届出表示]
本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)とサラシア由来サラシノールを含みます。ALAは高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています
サラシア由来サラシノールは食事から摂取した糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。血糖値が高めの方や糖質が多い食事を摂りがちな方に適しています

■機能性表示食品
※機能性関与成分(1日1粒368mgあたり):
5-アミノレブリン酸リン酸塩:約15mg
サラシア由来サラシノール:約0.3mg

[原料原産地]
サラシアエキス末(国内製造)
[加工地]
日本
[原材料]
サラシアエキス末(国内製造)、デンプン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/結晶セルロース、クエン酸一鉄ナトリウム、HPMC、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン、カラメル)、HPC、ステアリン酸カルシウム、アラビアガム、グリセリン、カルナウバロウ
賞味期限 : 2024年12月末

No.713203 アラプラス 糖ダウン アラシア 30日分
メーカー直販価格 5,832円(税込)→ 2023年1月15日限りのTSV価格 3,998円(税込)

【商品仕様】
賞味期限:2026年8月末

※アレルギー物質特定原材料7品目、内容量、目安量、食べ方、保存方法、栄養成分表示、届け出番号、届け出表示、機能性表示食品、原料原産地、加工地、原材料は「120日分」と同じ

スポンサーリンク

2018年6月から2022年1月までのTSV&口コミチェック

2022年1月5日 No.697442 アラプラス 糖ダウン リッチ 120日+10日分増量セット

アラプラス

5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)を1カプセル(320mg)当たり25mgを含有するプレミアムラインがTSVに登場です。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.3という感じでした】

普段同じものを購入しているという方の中には、「今回のTSVは半額近くになっているので即買いした」という声がありました。「ドラッグストアなどで購入する場合、かなりお高くなってしまう」という声がありました。

今回はこうした価格のためか、「始めてみる」という声がいくつかあるようです。

検査の数値が特に変わらないので、「手応えを感じない」という声がありました。

2022年1月5日 No.681320 アラプラス 糖ダウン リッチ 30日分

1袋の単品もTSVになっていました。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0という感じでした】

「試しに買ってみた」という方が多いせいか、特に何か感じているという声はありませんが、「カプセルなので飲みにくいことはない」という声がありました。

2021年1月11日 No.686040 アラプラス 糖ダウン リッチ 120日分

アラプラス糖ダウンのリッチがTSVに登場。ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)をシリーズ最多の25mgを配合したプレミアムラインです。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.2という感じでした】

最近では、テレワークで運動不足という方が購入を検討されているようです。

薬局で進められて飲んでいるという方が、TSV価格の魅力で購入したという声がありました。1年ほど続けて手応えを感じているとのことで、「飲み続ける」という声もあります。

以前から愛用していたというリピーターの方の中には、これまでは検査の数値が上がっていないという程度で特に大きな手応えを感じていなかったものおん、今回バージョンアップしたものは薬剤師さんのすすめもあり、手応えもある」とのこと。

サプリで手応えを感じる人の中には、運動を始めたり、食事のバランスに気を向けたり、前向きになっているという声がありました。

手応えがないという方の中には、「食事のとり方に問題がある方にはいいかもしれないけれど、インシュリンの出方が悪い人には手応えがないのではないか」という声がありました。

2021年1月11日 No.681320 アラプラス 糖ダウン リッチ 30日分

1袋の単品もTSVになっていました。

【口コミ評価メモ】
この商品に関する口コミはありませんでした。

2020年8月15日 No.677791 アラプラス 糖ダウン 120日分+10日分増量特別セット

高めの空腹時血糖値にも、食後血糖値の上昇にもダブルでアプローチ。空腹時と食後の血糖値をダブルでサポートしてくれる能性表示食品「アラプラス 糖ダウン」が登場です。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.3という感じでした】

「1日1回という点が手軽」と評価する声が多数あります。

サプリを取り入れた以外は特になにもしていないという方が多いようですが、「運動と併用するのがよさそう」という声があり、「ヨガをしながらサプリを取り入れている」という声がありました。

「飲むだけで大丈夫と安心していたところ、検診の結果が悪く、手応えがない」という声がありました。「食事とウォーキングで値を下げることができた」とのこと。

この他、「長く続けたいので、お値段がもっとお手頃になってほしい」という声がありました。

2020年8月15日 No.641393 アラプラス 糖ダウン 30日分

1袋の単品もTSVになっていました。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0という感じでした】

サプリメントを飲み始めた以外、何も変えていないけれど、「なんかいいかも」と手応えを感じている声がありました。

2019年10月16日 No.661183 アラプラス 糖ダウン 120日分

食後の血糖値と空腹時の血糖値をダブルアプローチしてくれる、ALA配合の機能性表示食品「アラプラス糖ダウン」が登場です。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0という感じでした】

新しい発想のサプリメントという点が高評価。手応えを感じるのでリピートしているという人の他、まだ飲み始めたばかりという人も「続けてみたい」と感じる人が多いようです。

ただ、ドラッグストアなどで購入するよりもTSVのほうがお得だったという声もありますが、「続けていこう」と思っている人の中にはお値段の面で負担に感じるという人もいらっしゃるようです。

少数ですが、カプセルが少し大きめに感じるという声もありました。この辺は好みで大きく分かれてしまいそうです。

2019年10月16日 No.641393 アラプラス 糖ダウン 30日分

1袋の単品もTSVになっていました。

【口コミ評価メモ】
この商品に関する口コミはありませんでした。

2019年3月4日 No.664431 アラプラス 糖ダウン 90日分+10日分【計100日分】増量特別セット

「3袋(30日分×3+小さなサイズ1袋(10日分)」ということで、合計100日分の目安のセットが登場。これまで90日分のセットが最多だったとのことで、今回は最多、最安値のセットになるようです。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.2という感じでした】

ケガなどで運動ができないというケースですが、3カ月ほどで手応えを感じたという声がありました。合う方の中には、数日で「手応えを感じた」という声もあります。

やはり1日1カプセルでOKという点が飲みやすく、続けやすいという声が多数ありました。

人によっては「まったく手応えを感じない」という声がありました。

2019年3月4日 No.641393 アラプラス 糖ダウン30日分

今回は1袋の単品もTSVになっていました。

【口コミ評価メモ】
この商品に関する口コミはありませんでした。

2018年6月30日 No.636569 アラプラス 糖ダウン 90日分

「アラプラス 糖ダウン」が90日のセットで登場。今回、初TSVです。

機能性関与成分は「5-アミノレブリン酸リン酸塩」で、1カプセル(310mg)あたり15mgを含んでいます。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0.6という感じでした】

「1日1粒でいい」という点が購入のポイントになっているようです。また、続けやすいポイントにもなっているようです。

合う方は、「1日1カプセルなので、忘れることなく続けることができる」「いつ飲んでもいいというところが気軽」。

1日1カプセル飲むことで、意識を高めて自分の健康と向き合うことができるようで、節制とウォーキングも頑張っているという声がありました。

4カ月ほど試した方の中には、「手応えを感じた」という声がありました。

ただ、薬を飲み慣れていないという方の中には、1カプセル飲むのが「けっこう苦しい」という声があります。

合わないケースなのか、数カ月~半年ほど使用してみたけれど、特に手応えはなかったという声がありました。

価格面は、TSV価格は手頃でいいと評価する声がありますが、続けていきたいという方の中には「もう少しお安くなるとうれしい」という声もありました。

2018年6月30日 No.641393 アラプラス 糖ダウン 30日分

ちょっと試してみたい人におすすめの単品もTSVになっていました。

【高評価を1とすると低評価は四捨五入で0という感じでした】

「1袋飲んでいないので、よくわからない」という声がありました。