散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

入学式のスーツは明るい色なのに、どうして卒業式は「黒」なの?

花束のイメージ明るいカラーが多い入学式に比べ、卒業式は濃紺やブラック、グレーといったシックな色合いが定番となっています。

卒業証書が授与される大切な節目の式だから…

というのは、当サイトのトップページでも簡単に紹介しましたが、「だから洋服の正装がブラックフォーマルだから黒なんでしょ?」と思いますよね。

でも実は和服にも「黒」のドレスコードがあるんですよ。「紋付黒羽織」という装いです。

現在はほとんど着る人もなく、卒業式で着物を着る人でも訪問着を選ぶことがほとんどになってしまいましたが、とても便利なアイテムだったようです。

これ1枚あれば、マルチに対応

普段着の小紋や紬であっても、上に紋付黒羽織を羽織ると略礼装になりました。紋が付いていることで、格上げされて礼装になるというイメージでしょうか。

しかも、祝儀だけでなく不祝儀にも使えるんですよ。

色の明るい色無地や、吉祥柄の小紋に華やかな袋帯を合わせると「略礼装」になり、地味な色無地に黒羽織、黒い帯を合わせると、「略喪服」になりました。

羽織の始まりは戦国時代、戦場の防寒着として用いられていた「陣羽織」がもとになっていると言われています。

戦乱の世が終わり、平和な時代が訪れると、陣羽織は普段着の中に入ってきて、「胴服」と呼ばれていました。

江戸時代になると、武士だけでなく、名主や大商家の番頭格以上という、ある程度の人物の正装に限られて庶民も利用するようになります。

とはいえ、このころはまだ羽織は男性が着るもので、女性が着ることはなかったみたいです。

江戸末期になると例外的に、「粋」を身上とする辰巳芸者が男っぽい風体を売り物にして羽織を用いるようになりました。

明治になると、「第一礼装に羽織は不可」としつつも、女性も略礼装として羽織を取り入れるようになります。「黒無地の紋つき」が略正装とされていました。

「略礼装」として黒が選ばれた理由ははっきりしませんが、結婚式の際、白無垢を着る花嫁さんを引き立てる色だったからかもしれませんね。

柄のない「黒」は年齢を選ばない一生ものともされていたので、祝儀不祝儀に着ることができる合理性から言っても、「黒」が選ばれるのは自然の流れだったのかもしれません。

「黒」は喪服とは限らない~戦前のカラーイメージ

今でこそ黒い色は喪服の色とされていますが、実は戦前の喪服は黒色とは限らなかったようです。

現在でも地方では喪主が白の裃を着たり、白無垢を着ることもあるようです。

喪服に「黒」のイメージが定着したのは、日清、日露と戦争が続く時代を経てからのこと。

洋装のブラックフォーマルに合わせる動きがあったことと、大正4年の皇室令で宮中参内の喪服として黒の装いが指定されたことも影響があるようです。

また、汚れが目立たない黒が選ばれることが増えていったという社会的な事情もあるようですよ。

「喪服=黒」のイメージが広まっていったのは、第二次世界大戦後のことになります。

ともあれ、昭和40年ごろは「カラスの軍団」などと揶揄されるほど、入学式も卒業式もみんな「紋付黒羽織」が定番スタイルだったようです。

卒業式の「黒」は、洋装のブラックフォーマルの他に、こうした和装の「黒」の流れをくんでいると言えそうです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.