レノボ・ジャパンのショップに、3月9日から「ThinkPad X1 Hybrid」が登場しています。

レノボのハイブリッドって、タッチスクリーン画面をパカッと取り外すとAndroidタブレットとして使用することができるとかいう、「IdeaPad U1 Hybrid]のこと?

いえいえ、そっちじゃなくて、今年の1月に登場したばかりのもう1つのハイブリッドパソコンのほうです。ThinkPad史上、もっとも薄くてスタイリッシュと評されるモバイルノートPC、「ThinkPad X1」に2つのOSを搭載した「ThinkPad X1 Hybrid」のほうです。

2つのOSを切り替えて使えるからハイブリッド

でも、なんでハイブリッド?

と、思いません? 管理人も思いました。だって、意味わかんない。でも、一人前のモバイラーになりたい人にぴったりのパソコンらしいですよ。ちょっとその特徴をまとめてみました。

// ここがハイブリッド //

イメージは、メインのパソコンとサブのパソコンが並走している感じです。メインのパソコンの上にサブのパソコンが載っているというのはよくあるようですが、ここがちょっと違うところ。

メインの部分はWindows7が搭載されていて、サブのほうにはLinuxベースの「Instant Media Mode(IMM)」が搭載されています。

OSは、Windows7が起動しているときにはインテルCore i プロセッサを使用。IMMが起動しているときにはQualcomm製ディアルコア ARMベースプロセッサを使用しています。

それぞれのOSを切り替えるのはワンクリックでOK。

というのも、メインが起動しているときはIMMサブシステムはアイドル状態で待機していて、IMMサブシステムが起動しているときは、PCシステムはスリープ状態なのです。

消費電力をかなりカットした、モバイラーのためのパソコン

IMMサブシステムがアイドル状態のままなのは、USBで利用するデータストレージにアクセスするためなのですが、それでもマザーボードの消費電力を大幅に削減できるので、システム全体でいうと50%程度の消費電力の削減を実現しているそうですよ。

バッテリー駆動時間で見ると、Windows使用時は約5時間、IMM使用時は約10時間にもなります。バッテリーには30分で約80%の充電が可能な「Lenovo RapidChargeバッテリー」機能を採用しているので、充電環境が不十分な所でもかなり安心して使えそうです。

まさにモバイラー向けパソコン。長時間のバッテリー駆動と起動の早さが必要なときはサブのIMMを、高い作業効率が必要な場面ではメインのWindowsに切り替えて無駄を省くことができるわけです。

決まったオフィスで作業するより外に出ることが多いという人にはぴったりです。

サブのIMMでは、Webブラウジング、メール、動画、静止画、音楽の再生などが可能なので、ちょっとした作業ならサブで十分そうですね。

レノボのネットショップをチェック⇒レノボ・ジャパン