最近、「ポリシー違反のメールが来た」という話をちらほら耳にするので、再審査時の注意点を簡単にまとめてみました。

管理人は、「これであなたもポリシーマスター」というオンラインセミナーを視聴したんだけど、セミナー内容はYouTubeの「InideAdSenseJA」で動画が公開されているので確認してみてくださいね。

InsideAdSenseJA」は、初心者でもわかりやすい有益な情報を配信しているので、YouTubeにアカウントがある人はチャンネル登録しておくといいですよ。

再審査のプロセスに関しては、動画の37:22くらいのとこから解説されています。手順は以下のとおり。

1. まず落ち着く
2. ポリシーチームからのメールを熟読する
3. 指摘された箇所以外に違反が残っていないかサイト全体を確認する
4. 広告コードは掲載したまま審査してもらう ←ここ大事!

「メールが来た」という人の中に「アドセンス外した」という人がけっこういるみたいなので、ここは注意したほうがいいと思います。

で、動画の中にも出てきますが、「指摘箇所は一例にすぎない」というんですね。他のページに同じような違反をしてしまっていないか、サイト全体を見直すことが必要です。

そして、広告のコードはそのままにして再審査してもらいます。

広告をはっていないと、「広告、はってください」という返事しかこないそうですよ。

配信が停止して見えなくなっていても、どこにどんなふうに広告がはってあるのかポリシーチームはわかるそうです。

その他、細かい注意点としては、以下のとおり。

・何を修正したか具体的に説明すると、審査がスムーズに進む。
・再審査の申し立てフォームは、指摘メールにリンクが張られているのでチェックする。
・再審査は順次処理されているので、重複して申し立てを送付しない。

「重複して申し立てをしない」とう点は、やはりたくさんメールがあると混乱するみたいで、かえって審査が遅れてしまう可能性もあるみたい。

「何日ぐらい待つ」といった具体的な目安は解説されませんでしたが、何日かかかるつもりでいるのがいいみたいです。