きました。大ブレーキです。

昨年の10月半ばごろに立ち上げた、ネット通販の情報ブログのアクセスが激減してしまいました。

経緯

その直前まで1日50~80の訪問数があって、大ブレーキの直前は90くらいの訪問数があったので、4月くらいまでは増税の話題があることだし、もう少し成長してくれるかなーと期待していたところ、2月28日は訪問数が21に減ってしまいました(汗)その後、1日15~20くらいで推移中。

検索クエリを見ると、26日には700近かったクエリ数が27日には400くらい。28日には200を切っています。まるで、つるべ落とし。

こちらも、その後150を超える程度の横ばいで推移中。

ギフトのサイトでも似たようなことを経験しているのですが、その場合はシーズンの影響で、力のあるよそのサイトが盛り上がってきたのに対し、うちのブログがズルズルとずり落ちていってるのかなという感じだったんですよね。

でも、今回激減したブログはジャンルを特定しない通販ニュースなので、シーズンの変動とは関係ない気がします。

で、調べてみたところ、検索エンジンのアルゴリズムの変動で、こうした激減があるようです。

(参考)何故だ!? Google検索経由のアクセス激減 その原因と対策/No Second Life

うちは訪問してくれる人が少ないのに、アルゴリズムでそんなに減ったら来てくれる人がいなくなっちゃいますよー(涙)

アクセス解析をよく見てみた

ともあれ、今後のためにも、とりあえずどんな変化をしているのか簡単に見てみました。

【2013/10/25-2013/12/31 68日間】

特に大きな変化もなくほのぼのと過ごしていたシーズン。

・新規に来てくれた人 90%弱
・リピートで来てくれた人 10%くらい

訪問数 5,000くらい
ユーザー数 4,500くらい
ページビュー数 7,000くらい

【2014/01/01-2014/2/27 58日間】

メンテナンスが長期化したショップさんがあったり、メディアに取り上げられた話題があったりで思いの外アクセスが伸びたシーズン。

・新規に来てくれた人 80%強
・リピートで来てくれた人 10%くらい

訪問数 8,000弱くらい
ユーザー数 7,000くらい
ページビュー数 11,000くらい

【2014/02/28-2014/03/08 9日間】

まさに、秋の夕暮れはつるべ落としのごとき憂鬱なシーズン。

・新規で来てくれた人 70%強くらい
・リピートで来てくれた人 20%くらい

訪問数 200弱
ユーザー数 150くらい
ページビュー数 400弱

数字を並べてもよくわからないですが(汗)上記の状態でGoogle、Yahoo、ダイレクトの3つでグラフを作ってみると、こんなふうになりました。

左の軸は「パーセント」、下の軸は年末、年始、激減期と特徴のある時期に分けています。

アクセス減の中、来訪した人の検索エンジンの割合

全体的にアクセスは減ってるんですけど、割合で見てもGoogleの落ち方が極端に出てました。なんか、Googleだけ怠けてるみたい。仕事しろGoogle。←偉そう

今後の対策

プラスの面としては、リピートして来てくれる人が少し増えてる感じがすること。あと、変動した後も、レビュー記事には来訪してもらえているようです。

ってことは、対策としては…。

なにはともあれ、サイトの入口が検索エンジンだけなのは怖すぎ。

サイトが1個しかなければ、こうした検索エンジンの影響をもろに受けてしまうので、検索エンジン以外の入り口を増やすことを何か考えたほうがよさそうです。

サイト運営のスタイルとしては、複数のサイトを運営することでリスクを分散するとか。これ、ベテランさんの話でもよく聞く話題ですけど。

それから今回の状況の場合、レビュー記事にはアクセスしてもらえてるみたいなので、サイトが1個しかなくても、サイト自体に複数の要素があれば検索エンジンの影響も少なくすることができそうな気がします。これもベテランさんが過去に話題にしていたことだったりするのですが。

(参考)ぜんぶやっちゃえ/音楽サイトでアフィリエイトblog

今回の大激減は、まだまだ修行が足りないということでしょうか(汗)
でも、Googleはかなり嫌いになりました。