散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

紫外線には隠れたメリットがある… かもしれないという話

昔のおひさまのイメージもしも完全にUVカットできたら、生涯お肌の老化が少なくてすんで、シミやシワもできなくて、子どもの時みたいにきれいなお肌のままでいられる…

なんていうわけにいかないのが現実みたいですね(汗)

紫外線には種類があるらしいけど、どう違うの?」でも触れたように、紫外線は体に悪い影響がある一方で、健康な骨に必要なビタミンDを作ってくれるといういい面もあるからです。

実際、20世紀半ばまでは、経験的に見て、「日焼けは健康にいい」とされてきた歴史があります。

「健康のために日焼けしよう!」が昔の考え方だった

そうなんですよね、管理人が小さい頃までは、太陽の光を浴びることは奨励されることだったはずです。

この考え方が一変したのは1960年前後のこと。紫外線がDNAを傷つけることがわかってきたこともあって、健康を害する面に注目が集まります。

皮膚がんの発生率が高いオーストラリアでは、オーストラリアで生まれた子供や10歳までに移民した人に皮膚がんが多く発症することが指摘されました。

1980年代になると、皮膚がんの発生率が高いオーストラリアやアメリカなどが国を挙げて紫外線対策を打ち出すようになり、2000年に入ると世界保健機関(WHO)でもUV対策活動「INTERSUNプロジェクト」が開始します。

日本では2002年6月になってから、環境省で「紫外線保健指導マニュアル」が作成され、最新の知見が加わった改訂版は現在2015年版が発行されています。

でもね、ちょっと変わった説を唱える専門家がいるんです

ドクターのイメージ北緯51度09分にあるイギリス・ロンドンと、南緯35度20分にあるオーストラリア・キャンベラ、それぞれで発生する病気に関する研究に、ちょっと興味深い説を唱える専門家がいるんですよ。

ちなみに、東京の緯度は35.41。イギリスは東京よりさらに北のほうに位置しています。

一般に緯度が高くなるにつれて、紫外線は減少していきます。反対に、緯度が低くなるほど紫外線は増えていきます。つまり、イギリスの年間の太陽紫外線量に比べると、オーストラリアはずっと多いんですね。

これがオーストラリアで皮膚がんの発症率が高い原因として指摘されています。

ただ、皮膚科医のリチャード・ウェラー(Richard Weller)氏によると、紫外線にあたることで、皮膚に蓄えられている窒素酸化物が放出されて、血圧と心臓血管にいい効果をもたらすのではないかというのです。

こうした働きを示唆するものとして、オーストラリア人の心臓疾患の比率がイギリスの3分の1程度という数字があるのだとか。

そして、スコットランド南部とイギリス南部の標準死亡率を比べてみると、北へ行くほど死亡率が高くなることがわかったんだそうです。

「この違いは、太陽光の違いが影響しているのではないか」というのがウェラー氏の指摘です。

リスクとして皮膚がんを発症することがあるけれど、心臓疾患の死亡率を下げるメリットがあるかもしれない──

これはつまり、「健康にいい適切な太陽光の当たり方がある」という考え方です。

もしも完全にUVカットができたら… かえって健康に悪いなんて言われる日が、将来はくるのかもしれません。

こうした研究がもっと進んで、早く詳しいメカニズムを解明してほしいですよね。

さてさて、こんな感じで科学的にはいろんな話がありますが、もう少し紫外線に関して詳しく見ていきましょう。


[PR]

美白シミ紫外線マスターホワイト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.