リンクシェアのサンプルBOXで体験したDECOCAでミニ名刺、作成編です♪

DECOCAにはサイト側で用意された、「クリエイター作品でアートなデコカをつくる」という簡単コースもあるのですが、せっかくなので「自分の写真でつくる」コースを選択。

オリジナル画像でミニ名刺を作ってみました。

この記事では、名刺に使った画像編集をどんなふうにしたのかご紹介。難しそうだけど、ソフトを使えば意外と簡単にできました

DECOCAで名刺を作る手順をチェック

DECOCAの名刺

大きな流れは…

1.名刺に使う画像を準備する
2.用意した画像をDECOCAサイトにアップロードする
3.名刺用の枠に合わせて微調整する
4.名刺の表面に記載する情報を入力する
5.決済

なのですが、ちょっぴり大変だったのは「1」の名刺に使う画像を準備することでした。

DECOCAサイトの「イメージ選択画面」を見ると、アップロードできる画像ファイルの種類(JPEG、PNG、GIF)や、送信できる画像ファイルのサイズ(7MB以下)のほかに、こんな条件が書かれています。

★ 裏面の画像を、Adobe CS等のグラフィック制作ソフトで作成される場合 ★
以下の設定で画像を作成してください。

●画像サイズ:76mm×38mm以上
●画像解像度:200dpi(pixel/inch)以上
●カラーモード:RGB

デコカは73mm×35mmですが、カッティングする際のマージンが四方に1.5mm必要です。
マージン部分はカットされて無くなりますので、絵柄以外の文字等は外してください。

β-version decopri.jp

画像サイズがピクセルじゃなくてミリなんですよ。え~っと、76mmって何ピクセルくらいなの??(汗)

我が家の画像加工ソフトはみんなピクセルで扱うようになっています。これじゃよくわかりません(涙)もしかすると何か計算式があるのかもしれませんが、画像を加工するソフトでなんとかできないか探してみることにしました。

で、見つけたのがこちら。

IrfanView(窓の杜)

インストールしただけだとメニューなどが英語で表示されているのですが、さらにプラグインをインストールすれば日本語で使えるようになりますよ♪

IrfanViewを使って画像を作成

それではIrfanViewを使ってミニ名刺に使う画像を作ってみましょう。

ウインドウ上部に並んでいるメニューの中から「編集(E)」をクリック。さらに「選択範囲の指定(U)」をクリックすると、選択範囲を指定するウインドウが開きます。ここでミニ名刺を作るのに必要な大きさを指定します。

IrfanView 画像の大きさ設定

選択範囲の単位が「cm」ですけど、実際に名刺を作るときには多少余白があるほうがいいのでこの単位でも大丈夫。私は横8センチ、高さ4センチで設定して作りました。でも、高さはさらに1センチくらい余裕を持って、5センチで設定してもよかったかも。というのも、DECOCAのサイト上で微調整するとき、少し大きめのほうが微調整しやすいんです。

そうそう。それからきれいに印刷してもらうために、dpiの所を200dpi以上にするのをお忘れなく。デジカメ画像は大抵72dpiに設定されているんだそうですよ。

IrfanView 画像の上に選択範囲を表示

ウインドウ上部のメニューの中にある虫眼鏡模様のアイコンで画像を見やすい大きさにしてから、上で説明したとおりに選択範囲を指定してみました。画像の左上に枠線がが出てますよね。この部分を使って名刺用の画像を作ることになります。

枠線を右クリックしてドラッグすれば、画像の上をずりずりと動かして好きな位置へ移動することができますよ♪

でも、このままだとちょっと画像のほうが大きくて枠線の中に入るバランスが悪いですよね。画像全体をもう少し小さく加工してみましょう(汗)

画像の大きさを設定して、きれいに名刺サイズに入るように調整する

IrfanView 画像設定を再調整

画像の大きさは、ウインドウ上部のメニューの中から「画像(I)」をクリック、それから「リサイズ/リサンプル(M)」をクリックすると設定画面のウインドウが開くので、ここでサイズ変更をすることができます。

横幅を900ピクセルくらいにしてみました。この辺は適当(汗)

IrfanView 画像の上に選択範囲を再表示

でもほら、ちょっといい感じじゃありませんこと? 慣れてきたらリサイズで適当な大きさに縮めてから範囲を選択したりしてもいいと思います。解像度を変えてみると、また違った大きさに表示されるので趣が変わりますよ。

気に入った範囲が選択できたら、ウインドウ上部のメニューから「編集(E)」の中の「選択範囲をコピー(C)」をクリック。こうすると、枠線で囲まれた部分がパソコンのクリップボードにコピーされます。

IrfanView 選択範囲を決定

「編集(E)」の中の「画像を閉じる(D)」をクリックして編集していた元画像を閉じてから、「Ctrl+V」でクリップボードにコピーしていた加工画像をはりつけてみました。これで名刺用画像の出来上がりです♪

保存するには「ファイル(F)」から「名前を付けて保存(S)」をクリックして保存します。ファイルの種類はDECOCAが対応してる形式で保存してくださいね。私はPNGっていうので保存してみました。

IrfanView 保存

このとき、「設定ダイアログを表示」っていう所にチェックをつけると、「PNG/PNM/ICO 保存設定」という小さなウインドウが開きます。「圧縮レベル」は「0」にしたほうがいいのかな。圧縮しないほうがファイルサイズは大きくても画像はきれいなイメージがありますもんね。←この辺、適当

ここまでできれば、もう大丈夫! あとは「DECOCA(デコカ)ご注文ガイド」を読みながら操作すれば、あまり頭を悩ませることなくミニ名刺ができちゃいますよ。

ちなみに、今回ミニ名刺作成に使用した元画像と、できあがったミニ名刺の写真とでアルバムを作ってみました♪


デコカ用元画像


デコカミニ名刺

ミニ名刺は携帯カメラで撮ったので、手ぶれしてたり、てかったりしてきれいに撮れてないのもありますが(汗)よかったら見比べてみてくださいね~。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます