散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

着る紫外線対策、「UV遮蔽率」と「UPF」

赤ちゃんとお母さんのイメージUVケアには日焼け止めクリームを塗るのが有効というのはわかっているけれど、小さな子どもだと日焼け止めを使うこと自体が気になるし、お母さん自身は日焼け止めを塗る時間がとれなかったりするので大変ですよね。

日焼け対策には、日焼け止めのように「塗る対策」もありますが、UV対策の機能がしっかりした衣類を利用して「覆う対策」を活用するのもおすすめですよ。

衣類で紫外線対策する場合のポイント

紫外線のうち、UV-Bは服を透過することはありませんが、UV-Aは紫外線の遮蔽効果が低い服だと透過する恐れがあります。

服が紫外線を遮断してくれる目安には、以下の3つのポイントがあります。

生地のUV遮断効果の目安
編み方 目が詰まっている > 目が粗い
黒い生地 > 白、ベージュ、グレーなど淡色系の生地
生地の厚み 厚みのある生地 > 伸縮性がある生地・薄い生地・透ける生地

上記のように、紫外線遮蔽効果は繊維の色や密度に影響されます。

シャツ以外にも、帽子や夏用手袋(アームカバー)、七分丈や襟があるシャツ、長ズボンなどを併用して肌の露出を抑えれば、日焼け止めを必要最小限にすることができますよ。

素材では、「ポリエステル」や「綿」は紫外線を通しにくいと言われています。綿とポリエステルの混紡も有効です。

UVカット効果のある衣類を利用する

子ども服のイメージ一般的な衣類でも、上記のように工夫しだいで紫外線対策をすることができます。

でも、紫外線遮蔽(UVカット)加工された機能性衣類を利用すれば、もっと手軽に効果をあげることができます。

【紫外線遮蔽(UVカット)加工とは】
紫外線を吸収もしくは反射することによって紫外線を遮断する加工のことです。

一般に使用される紫外線遮断物質には、紫外線散乱剤(カーボン、セラミック、チタンなどの無機物)や、紫外線吸収剤(主に有機物)の2種類がります。

加工方法は、繊維を製造する際に繊維内部に紫外線遮蔽物質(主に無機物)を練り込む方法と、生地に紫外線遮蔽物質(無機物や有機物がある)を付着させる方法がありますが、後者は洗濯によって効果が減っていくというデメリットがあります。

ただ、横浜の消費生活総合センターの調査によると、「紫外線対策」と表示されているだけの商品は、具体的な数字を表示しているものに比べて効果が劣るものがあったのだとか。

効果を把握するためにも、具体的な数字を表示しているものを選ぶのがおすすめです。

衣類に表示されている数字には、日本独自の規格である「紫外線遮蔽率」と世界的基準となる「UPF」があります。

UPFって何?

太陽のイメージ「UPF」というのは、「紫外線保護指数」の略で、英語ではウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター(UltraViolet Protection Factor)といいます。

オーストラリアやニュージーランドで定められた世界的基準値で、日光の有害な紫外線が生地を通過する分数量を示しています。

もちろん、紫外線には「A波」、「B波」があって、波長の長短によって皮膚への作用力(影響)が大きく違ってくるわけですが、各波長の透過率に所定の係数をかけてUPFが算出されます。

例えば「UPF25」と表示されていた場合、紫外線の25分の1、つまり4%が生地を通過することを示しています。

UPFは数値で表示され、評価は3段階に分かれます。15以上で防御効果があり、50+が最高値となります。

UPFの評価基準 UVカット率 級分類
UPF40~50+ UVカット率95%以上 UVカット率95%以上:優秀
UPF25~39 UVカット率90%以上 Very Good protection:優良
UPF15~24 UVカット率85%以上 Good protection:良

「紫外線遮蔽率」(UVカット率)は、日本独自の規格

衣類に関して、実は日本では統一された基準はありません(汗)

「紫外線遮蔽率」(UVカット率)が表記されているUVアイテムが多いのですが、これが統一された基準というわけではないんですね。

また、海外ではこうした数字を採用しているわけではないので、日本独自の規格といえます。

一方で、近年では海外メーカーのものを中心に、UPF表記をしている商品も登場しているようです。

何だかややこしい状態ですが、どんな基準を採用しているにしても、きちんと数字を明示しているものを選ぶのがいいようです。

ちなみに「紫外線遮蔽率」は、波長280nm~400nmの紫外線をどれだけ遮蔽しているかを%で示したもので、日光をどの程度遮蔽できるのかが表されています。

遮蔽率(%)=100-透過率
(測定波長領域における平均値として算出)

使う際の目安としては、「紫外線予報 弱」のときは、「紫外線遮蔽率80%以上」のものを。「紫外線予報 やや強」のときは、「紫外線遮蔽率90%以上」のものを選ぶのがいいようです。

紫外線を防ぎ過ぎるデメリット

元気のあるイメージ紫外線のうち、波長の短いUV-Bは服や窓ガラスなどを通ることはありません。

しかも紫外線の中でも10%に満たない線量でしかありません。

普通に紫外線対策していれば恐れるほどのものではないのですが、実はUV-Bの波長の295nm付近でいちばんたくさんビタミンD3が作られるため、体にとっては有益な紫外線でもあるのです。

ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収を手伝って骨を丈夫にしたり、遺伝子の働きを調節する働きをしてくれる、大切なビタミンの一つ。

紫外線対策をしっかりしすぎる人は、このビタミンDが不足する可能性が指摘されているのです。

特に女性は年齢を重ねるとホルモンのバランスが変わるため、骨粗鬆症の状態になってしまうことがあります。若いうちからビタミンD不足で骨に影響が出たりしたら大変です。

紫外線対策を万全にしたい人は、ビタミンDが不足してしまうリスクが高くなるので、短時間の日光浴を意識して行ったり、食事からビタミンDを積極的にとるようにするのがおすすめですよ。

それから、あまり意識はいかないけれど、髪の毛や頭皮の紫外線対策も要チェックです。


[PR]

目元&口元のエイジングサインに!ネオダーミル配合美容液「ナールスネオ」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.