ペン&クリップホルダー

「ペン&クリップホルダー」を装着

とうとう予約終了なの? いやいや、予約受付中に変ってるぞ──

ちょっと混乱していたKAKURAのA5システム手帳ですが、年内お届けの最終予約が始まったようですよ♪ サイトの紹介ページによると、発送は12月26日から順次行われるそうです。

注目されすぎて予定数をオーバーして、一時的になくなったように見えてただけみたいです。

「カードポケット」、「フリーポケット「ペン&クリップホルダー」と、3つのパーツを組み合わせることで、自分好みの手帳にカスタマイズできるのがこの手帳の魅力。

どれも個性的なパーツだけど特にフリーポケット(LEATHER FREE POCKET)がいいですよね。

ほぼ日手帳もカバーの外ポケットにA4サイズの用紙を四つ折りにして入れておけるんですけど、こういうのって結構便利です。

ほぼ日手帳のポケット

こんなふうにA6サイズのほぼ日手帳だと四つ折りにしないといけないけれど、KAKURAの手帳はA5サイズだから二つ折で収納できるとこがいいですよね。あまり細かく折りたたみたくない書類ってやっぱりあるし。大きくたたむほうが出し入れもストレスなくスムーズにできそうです。

実は私、今までA5サイズのノートってあまり使ったことがなかったんですけど(汗)この間、試しにノートを買い替えるときに、KAKURAサイズのノートを買ってみることにしたんです。

実際に使ってみると、この大きさのノートってけっこう使いやすいんですね。あまりに小さなノートだと省略して書く必要があったりするけれど、A5くらいの大きさがあればそんなことは気にせず思いついたことをガッツリ書き込むことができます。

「何か覚え書きしておきたいな」というときも、もちろんしっかり書きとめておくことができます。それでもまだ余白ができるので、あいたとこにメモまで書き込んでみたりして(笑)

ノートの大きさも、小さすぎるとカバンの中で行方不明になることがあるけれど、A5くらいあればそんなことはありません。A4よりかさばらないので、カバンからの出し入れもスムーズです。

A5サイズ、ちょっと見直してしまいました。KAKURAのシステム手帳はこういう使いやすい大きさという点も人気がある理由の1つなのかな。

おまけ。ノートの大きさ比べしてみました。黄色いのがA6サイズのほぼ日手帳、色が似ててわかりにくいですけど、真ん中の青いのがA5サイズのノートで、外側の大きいのがA4サイズのノートです。KAKURAの手帳は真ん中のノートぐらいの大きさってことですよね。

手帳検討にあたって、大学ノートで大きさ比べ

比べてみるとほんの数センチの違いだけど、この数センチの差が大きかったんですね…。

その感想は、別記事に続く。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます