散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

紫外線には種類があるらしいけど、どう違うの?

紫外線の種類と特徴紫外線というと、ざっくりした感じで「お肌に悪いもの」という印象がありますが、実はいくつか種類があって、それぞれの特徴があるので、対策も違ってくるみたいです。

調べてみると、大きく分けて「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」と3種類。一般的に言う紫外線対策は「UV-A」と「UV-B」を気にすればOKです。

では、どうしてその2つだけでいいのか、紫外線の特徴とあわせてまとめてみました。

UV-A(A紫外線)

日常の紫外線のイメージ波長の長さで言うと、400~315nmと比較的長めの部分がこのUV-Aにあたります。地表に届く紫外線の90%以上が、このUV-Aなんだとか。

別名「生活紫外線」とも呼ばれます。

UV-Aのイメージ

紫外線は季節や1日のうちでも「変化する」と言われていますが、このUV-Aは雲などの影響をほとんど受けないのであまり変化しないのが特徴です。

「冬でも紫外線対策が必要!」と言われるのは、このUV-Aのためなんですね。

しかもこの紫外線は波長が長いので、表皮だけでなく肌の奥深い所(真皮層)まで届いて作用するのです。

「細胞の物質交代の進行に関係している」とされていますが、たんぱく質を変性させるので、皮膚の弾力を失わせ、シワやたるみといったお肌の老化を進めてしまうということで、コスメ的には厄介者として知られています。

さらにUV-Bによって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させるので、シミの原因にもなるそうですよ。

ほんとに厄介者ですよね。

また、このUV-Aは、雲だけでなく窓ガラスも透過してしまうので、その影響には注意が必要です。

エネルギーが大きなUV-Bと違って赤みや炎症が起きにくいので、その影響を見逃してしまいがちなところも困ったところ。

すぐに影響が出なくても、長い時間をかけてその影響が蓄積されていくという特徴があるので、日ごろからこまめな対策が必要な紫外線といえます。

UV-B(B紫外線)

レジャーでの紫外線のイメージ波長の長さで言うと、315~280nmと中くらいの部分を言います。

地表に届く紫外線のうち10%にも満たないのですが、屋外の日焼けの主な原因となるので、別名「レジャー紫外線」と言います。

UV-Bのイメージ

UV-Aに比べると、波長が短いのでお肌の表皮層にしか達することはありませんが、太陽の光に対する抵抗力(慣光性)を超えて浴びてしまうと、重い日焼けの症状を起こしてしまう紫外線です。

赤い炎症(紅斑)を起こしたり、水ぶくれができたり、ひどくなると軽いやけどのような症状を起こしてしまいます。

炎症がおさまってもお肌は乾燥した状態なので、日焼け後はアフターケアが大切になります。

また大量にUV-Bを浴びることで、細胞の「核酸」といった生命に重要な物質を損傷して皮膚がんを発生させることが指摘されていて、海外でも問題視されています。

一方で、UV-Bは体に必要なものともされています。

そんなことを聞くと、ちょっとびっくりしちゃいますよね。皮膚がんの原因とも言われているのにどういうこと?

それは、UV-Bを浴びると体の防御反応として色素細胞がメラニンをつくるのですが、このときに健康な骨を作るのに必要なビタミンDも生成されるからなんですね。

浴びすぎるのはよくないけれど、適度な量なら浴びたほうがよいと言われているのはこの紫外線のはたらきのためです。

…でも、メラニンはシミやソバカスの原因となるわけですから、コスメ的にはやっぱりうれしくないですよね(汗)

UV-C(C紫外線)

UV-Cのイメージ波長の長さで言うと、280nm未満の短い部分を言います。通常は大気を通過することができないので、地表には届かない紫外線です。

でも、強い殺菌作用があるので、紫外線の中では人間に一番役に立っている紫外線だったりします。

200~300nm前後の波長は「深紫外線」といって、光硬化による加工や殺菌、洗浄などの技術で、工業製品や医療現場で活用されているからです。

意外と身近で活躍している紫外線なんですね。

UV-Cのイメージ

でも、他の紫外線に比べて大きなエネルギーを持っているので、生体に対する破壊性が強く、皮膚がんなどの原因になると指摘されています。

ちょっと危険な紫外線ですが、近年は環境破壊の影響でオゾン層の破壊が進むことで、地表に影響があるのではないかということが懸念されています。

ただ、「オゾン層に変化があると、紫外線に影響があるのか」という点は、まだよくわからない部分があるようで、ちょっと興味深い調査結果があるんですよ。

「平成18年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書」の「第3部 太陽紫外線の状況」によると、オゾンの減少に対応して紫外線の増加があったと言えそうな変化があったのは、全観測期間を通じてニュージーランドのローダーとアメリカのバローくらいだったそうです。

しかもこれは、「オゾン層の変化より、どっちかっていうと大気中のエアロゾルの影響のほうが強くね?」という感じの数値だったようで…。

この辺は科学者の人たちの研究をもうちょっと待たないと、はっきりしたことはわからないみたいです。

しかも紫外線について、メリットがあるかもしれない… という話もあるんですよ。


[PR]

目元&口元のエイジングサインに!ネオダーミル配合美容液「ナールスネオ」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.