【追記】2016/07/12

なんか、蚊取り線香のクリップのページにアクセスがあるんですが、テレビで紹介でもされていたのでしょうか?(汗)

ともあれ、ちょっと調べてみたところ、この奇妙な蚊取り線香のクリップはアース製薬の販促品で、正式名称は「渦巻香クリップセット」というそうです。スーパーなどで配られていたものみたいですよ。

「RIKISHO」というところが手掛けたみたいで、制作実績のページで実際の写真を見ることができます。

オリジナルノベルティグッズ制作「RIKISHO」→渦巻香クリップセット

著作権があるので勝手に作ってもらうわけにはいかないみたいだけど(というか、制作可能ミニマムロットは「10,000個から」なんて書いてあるんですけど・汗)

また販促品として作らないのでしょうか? アース製薬さーん!

蚊取り線香デザインのクリップ

今日は重陽の節句。中国では古来おめでたいとされる「九」が重なることから長寿と繁栄を祈る行事が行われてたそうです。

秋の行事の一つなんですけど、日中はまだまだ暑いですよね~。いつまで残暑が続くんでしょう(汗)

そんなへんてこな季節のせいか、仕事先でこんなものを見せてもらいました。ご近所でお買い物をしたときにおまけでもらったそうです。

蚊取り線香ですね♪

レトロちっくなところがまたよし。でも、なんだかずいぶん小さいですよ?

クリップは蚊取り線香風

フタを開けると、こんなちっちゃな蚊取り線香が入ってました(笑)
実はこれ、クリップなんです。説明書には「こんなふうに使え」と図解がありました。

解説書

なるほど、ちゃんとクリップです。

ウィキペディアによると、文房具でよく見かける細長いクリップは「ゼムクリップ」という名称なんだそうで、東ローマ帝国では真鍮製の物が使われていたそうです。

ずいぶん歴史のある文房具なんですね。

後年、多少形を変えた物が登場したそうですけどあまり広まらなかったということだから、細長いクリップは機能的にもすぐれているようです。

うちにあったゼムクリップで試しにコピー用紙を挟んでみたんですけど、20枚くらいなら余裕で留めることができました。

ゼムクリップ

30枚以上になると、留まりはするけどスルッと滑りやすくなってしまうようです。

蚊取り線香型のものはコピー用紙5枚が限度らしいので…

楽しいけど、やっぱり実用的とは言えないみたいですね(汗)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly