週の頭に友達と1泊2日の旅行に行ってきました♪ 久々の旅行の行き先は秋芳洞。この秋は夏の猛暑の影響で紅葉のシーズンは読めないけれど、洞窟は変化しないだろうという安易な発想で秋芳洞です(笑)

しか~し! コンコード君は掃除キットまで準備して持って行ったというのに、携帯を忘れちゃったんですよ。携帯の充電器はちゃんと持ってるというのに。なんてこった~!

_| ̄|○ ←もう、フランカーさんとこでよく見かけるこんな状態(笑)

何ががっくりって音付きで動画が撮れないことも残念だけど、DSC-888の弱点は青っぽく写っちゃうので料理はあまりおいしそうに写らないってことなんですよね。例えば、新山口駅でお昼に食べた皿うどんはこんな感じ。

皿うどん

ほらね(涙)なんだか、おいしそうというよりノスタルジック。

これ、実はお昼ごはんも行きの新幹線での駅弁を楽しみにしていたんです。でも真ん中の車両だったせいか、新神戸の辺りで売り子さんが来てくれたときにはサンドイッチしかありませんでした。

「岡山駅からは『桃太郎の祭りずし』が入ります」ってことだったけど、神戸ワイン弁当を楽しみにしていた友人Nはがっかり。「駅弁はもういい」と、急遽、新山口駅で食べる所を探したらこんなことになっちゃいました。

神戸ワイン弁当は1日50食限定みたいですから…。すぐになくなっちゃうのは無理ないか。
確実にゲットするなら、予約する必要があったようです。
(※12/09/27現在 神戸ワイン弁当は要予約となっているようです)

そんなこんなでハプニング続きでスタートした旅ですが、DSC-888のみで頑張ってレポートしてみます。まずは秋芳洞から。

新山口駅1階にあるバスチケット売り場で「秋芳洞観光乗車券(バス片道+入洞券付 大人2,390円)」をゲット。駅南側のバス停から秋芳洞へGO。バスは1時間に1本しかありませんが、40分くらいで到着です。

秋芳洞入り口の通路

秋芳洞のチケット売り場から杉木立ちの間の一部には、紅葉してる所もそこそこありましたけど、秋芳洞入り口はまだ青々としたもみじ葉が広がっていました。見ごろになるのはこれからなのかな。これが色ずくときれいなんでしょうね~。

ちなみに秋芳洞へ続く桟橋は平成15年に完成したもの。これが完成するまでは、けっこう急な道だったそうです。今では介助者が付けば、洞内の3分の1くらいまでは車椅子利用でも見学できるようになってますよ♪
入り口を入ってすぐを振り向いた所はこんな感じ。道幅も広くてゆったりしています。

秋芳洞入り口を振り返った所

入り口手前で桟橋の下をのぞき込むとこんな真っ青な景色が。洞内からはこんこんと水が流れ出ていますよ♪

秋芳洞入り口の水の流れ

続く。

【関連記事】
湯田グルメ ~ そば寿司 07/11/27
夏みかんの伝説 07/11/26
湯田温泉の伝説 07/11/25
秋芳の伝説 07/11/24

梅乃屋グッズ 07/11/22
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ホ」とタオル情報) 07/11/21
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ロ」→「イ」) 07/11/21
湯田温泉、足湯めぐり(宿→足湯「ハ」) 07/11/21
山口といえば ふく尽くし 07/11/20

秋吉台のアイドルいろいろ 07/11/19
秋吉台 秋の景色 07/11/19
秋の秋芳洞3 洞窟のさらに奥 07/11/17
秋の秋芳洞2 荷物をロッカーに預けて洞内へ 07/11/16
> 秋の秋芳洞1 駅弁ゲットは難しい… 07/11/15

【参考サイト】
お弁当の淡路屋
JRおでかけネット 新山口駅構内図

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly